平子理沙の大胆ショットに「アンチエイジングのやり過ぎ」を心配する声

デイリーニュースオンライン

平子理沙オフィシャルブログより
平子理沙オフィシャルブログより

 モデルでタレントの平子理沙(44)が入浴中の姿を自身のインスタグラムに投稿し、「きわどい」セクシーショットを披露して話題になっている。

平子理沙のインスタグラムより

「きもちいい~~」とのコメントと「伊豆」「温泉」タグ付きで公開された写真は、背中はもちろんヒップぎりぎりの腰下までが露わになった状態。さらにはヒップも湯面に透けて見えると話題になっている。コメント欄には、その美しすぎる「くびれ」を讃える声に混じって心配の声もみられた。

「まさかのガチお尻ですか!?」
「ケツ写ってるけどいいの?」

 撮影者、すなわち一緒に入浴しているのは一体誰なのかという点が気になるが、やはり相手は今春に20代モデルとの不倫報道があった夫・吉田栄作(46)ではないらしい。前後の投稿から察するに「my friend」と小旅行に行っているようだ。

シワやシミをナチュラルに曝け出す梨花のほうが好感?

 一方、平子といえば、やはり付いて回るの噂が「整形」疑惑だろう。シワやたるみに抗うため、ボトックス注入などといったアンチエイジングの施術を重ねていると囁かれている。だが加齢に逆らうのも限界があるようで、インスタや雑誌等の写真で見る分には変わらぬ美貌を保っているように見えるが、実際には顔が不自然に張っており、まるでパンパンに腫れたような印象になってしまっている。画像修正が及ばないテレビなどではその不自然さが顕著に現れてしまい、出演後はたびたびネット上で“劣化”を騒がれる始末だ。

「平子さんは現在44歳、もうすぐアラフィフになろうかというのにこのプロポーションは確かに凄いですよ。ただ、やはり“大人カワイイ”ブームでもてはやされた数年前の状態を維持しようとするには無理があります。誰もが歳をとるものですし、自然な歳の重ね方をすればよかったと思うんですが、美容整形などで無理に保とうとしているのが痛々しく感じるのかも。そこへいくと梨花さんはシワやシミもナチュラルにさらけ出し、上手くシフトチェンジしたので“劣化”した印象にならない」(ファッション誌ライター)

 40歳を過ぎてなおファッションモデルとして第一線で活躍する、このプロポーションと美貌に憧れる女性ファンは多い。その期待に応えるための努力と手だては惜しまないということであろうか。しかしアンチエイジングの施術は一度始めたら永久的に続けなくてはいけないというのも良く聞く話。気負いしすぎること無く、自然体で頑張っていただきたいものである。

(取材・文/勝山薫)

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る