AKB48島崎遥香「塩対応」が後輩メンバーに伝染…「仕事ナメてるな」と憤慨するファンも

デイリーニュースオンライン

島崎遥香「755」アカウントより
島崎遥香「755」アカウントより

 AKB48の人気メンバー「ぱるる」こと島崎遥香(21)に対するファンの不満が高まっている。島崎といえば素っ気ない「塩対応」で知られ、それが持ち味となっている。だが、あまりに目に余る状態に「ガチ」の批判が殺到し、さらにはグループ全体に深刻な悪影響を及ぼしているとの意見まで噴出しているのだ。

●注目記事:バカ売れ中のダイエット青汁、1ヵ月分680円で-7kgもすぐに実現!

握手会でキモオタと触れ合いを徹底的に拒否

 島崎の塩対応は基本的に男性ファンに向けて発揮され、好きな男性のタイプは「身長180cmくらいで優しくてイケメンで面白い人」と語っており、イケメン好きを公言している。6月にはバラエティー番組で「なんか仕事で嫌なモノを見たらイケメンの画像で癒されます」と告白し、これが「握手会でキモオタを見た後にイケメンに癒される」という意味に感じられ、ファンを蔑視していると批判を浴びた。

 さらに、ぜんそく治療を理由に握手会などを欠席したにも関わらずフランスの映画祭に出席して現地で大はしゃぎ。「ぜんそく治ったのかよ?」「キモオタと握手したくないだけか」とファンからツッコミが寄せられた。また、11月20日に発売するファッションフォトブック『ParU』(主婦と生活社)のお渡し&握手会イベントは女性限定。排除された男性ファンからは「そこまで男オタを嫌うのか」「悲しすぎる」といった嘆きの声が上がっている。

 また、ジャニーズJrの安井謙太郎とインスタグラム上で親密なやり取りをしていたことが発覚し、島崎が「子供ほしい」などと意味深なコメントを残していたことがわかった。ファンからは事情説明を求める声があったが、島崎は自身のアカウントを削除し、まったく騒動に触れずに無視を貫いている。

 ファンだけに厳しいわけではなく、大物司会者の徳光和夫から「質問をシカトされて屈辱」「共演したくない」と名指しされたこともあった。もはや「塩対応」を超えた島崎の暴挙の数々に対し、AKBファンからも非難が殺到。「調子に乗り過ぎ」「そんなにファンが嫌なら早く卒業してほしい」「もうAKBメンバーだと思いたくない」などといった声が増加している。

 これだけなら島崎個人の問題であり、もし人気が低下しても自業自得というだけの話だ。ファンの批判が高まっている背景には、若手メンバーが島崎から悪影響を受けているなら見過ごせないというわけだ。

「ぱるるが目標」の若手世代のカン違いが進行

 島崎が「次世代エース候補」として脚光を浴びて以来、ファンの中では「若手の握手会対応が悪くなった」という声が頻繁に上がるようになった。といってもSKE48やNMB48などの“支店”に対する批判は少なく、島崎が所属するAKB48に矛先が限られているようだ。不満を漏らしているファンのネットの声を拾ってみると、以下のような意見が書き込まれている。

「若手メンに『また来たの?』って嫌な顔された…」
「ぱるるを塩対応って持ち上げたせいで若手が勘違いしてる」
「お金を払ってるファンをガッカリさせるクソ対応ばかり」
「オタクに冷たい態度をすればウケると思ってる若手が多過ぎ」
「あいつら運営とファンが甘やかすから仕事をナメてるだろ」

 古参のファンからは「今考えると(大島)優子の良対応はすごかった」「あっちゃん(前田敦子)でも今の若手ほど酷くなったぞ」「(篠田)麻里子様も握手会の対応は素晴らしかった」などと、卒業メンバーの神対応を懐かしむ声も上がっている。

 また、若手の中でも期待値の高かった相笠萌(17)はトークライブアプリ「755」で塩対応を超える「辛対応」として話題に。ファンから「(恋愛対象の)年上はどのくらいまでですか?」と質問されると、それに「恋愛対象外だからそういうの気にしなくて大丈夫ですよ!」と厳しすぎる回答。先日は「人に嫌われる勇気を持つにはどうしたらいいですか」というファンからの真剣な悩みに相談に「もう私に嫌われてるから安心して」と毒舌で返していた。

 これも一つの個性といえるが、ファンからは「あまりに失礼」「言葉が酷すぎる」といった批判も。明らかに島崎の塩対応に影響されており、ファンの心配の種になっているようだ。

「島崎は『塩対応』をキャッチフレーズに運営に大プッシュされてきました。何をしても許されるようなポジションになってしまいましたから、彼女を目標にしている若手世代が勘違いしてしまうのも無理はない。しかし、島崎の塩対応はグループ屈指のルックスと健気に支持する男性ファンの多さ、それに運営の寵愛あってこそ。普通の若手が真似すれば深刻なファン離れにつながり、グループ自体の凋落を招きかねません」(アイドルライター)

 秋葉原の劇場で細々と活動していたころは皆がファンに喜んでもらおうと必死だったのだろうが、AKBがアイドル界の頂点に登りつめてから加入したメンバーは最初から慢心し、ファンをないがしろにしている部分があるのかもしれない。その慢心を加速させている島崎は本当にAKBの更なる躍進を担う次世代エースなのか、それともグループを終わらせる存在となるのだろうか。

(取材・文/夢野京太郎)

●注目記事:バカ売れ中のダイエット青汁、1ヵ月分680円で-7kgもすぐに実現!

「AKB48島崎遥香「塩対応」が後輩メンバーに伝染…「仕事ナメてるな」と憤慨するファンも」のページです。デイリーニュースオンラインは、アイドルAKB48芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧