ローラの美ボディが劣化か…下半身のデブ化にファン悲鳴「腹がぷるんぷるん」 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

ローラ オフィシャルブログより
ローラ オフィシャルブログより

 11月3日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演したタレントでモデルのローラ。自由奔放な言動を繰り広げたが、ファンの視線は太った下腹部に注がれた。過去に何度もヘソ出し衣装を披露してきた美ボディの劣化疑惑に、ファンが驚きの声をあげている。

●注目記事:モデルが注目!99%の人が痩せたバカ売れサプリ

スカートに下腹部が乗っかってる?

「徹子の部屋」に3年ぶりに出演したローラは、いつもどおりのハイテンションで登場。番組MCの黒柳徹子に対していつものタメ口トークを展開した。番組最後には、黒柳が「この間、お友達が死んだときちょっと泣いた」と明かすと「それは悲しいね!」と目をつむって合掌するなど終始マイペースを貫いた。

 ローラは番組中、シースルーの衣装越しに、以前から噂された巨乳の形がくっきりと浮かび上がらせていた。しかしそれ以上にファンの注目を集めたのが、お腹だ。ローラの下腹部が、赤いロングスカートの上に乗っているように見えるのだ。その姿にファンから「やばいぞ。乗っかってるやん」「腹がぷるんぷるん~」「親近感(笑)」とお腹まわりのゆるみに次々と指摘の声が。一方で擁護派が「衣装のせいじゃない?」「服のせいだよ。あんなに毎日体鍛えてるローラがこんな腹なわけない」とフォローしている。

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る