AKB48に高級弁当差し入れの田中将大に物議「ももクロは捨てた?」 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

田中将大オフィシャルウエブサイトより
田中将大オフィシャルウエブサイトより

 都内の某弁当チェーンで販売するのり弁当は税込み350円……。そんな庶民価格の10倍の豪華弁当が、ヤンキース田中将大から著名人プロデュースの特別公演「僕がここにいる理由」を迎えるAKB48メンバーへ届けられ、ファンの間で物議をかもしている。

年俸23億のヤンキースエースが高級弁当&ケーキを差し入れ

 オフシーズンが始まり、"アイドルオタク(以下、ドルオタ)"としての活動が本格化した田中がまず注目を集めたのが、豪華差し入れだ。田中は今回、AKBファンの著名人が選抜メンバーやセットリストを考えるプロデュース企画第4弾でプロデュースを担当。そして同企画に基づく8日の初日公演に、高級弁当と甘いケーキをメンバーの16人とスタッフへ差し入れたのだ。

 田中が差し入れた弁当は、最高級黒毛和牛専門店「ミート矢澤」の「ハンバーグ&ステーキコンボ弁当」シリーズの一品と推測され、最低でも3000円以上の代物と見られている。ケーキは「大阪銘菓『焼きたてチーズケーキ』・りくろーおじさんの店」のもの。こちらは弁当に比べて安価だが、関東圏に実店舗がないため、本店のある大阪からお取り寄せしたと見込まれる田中こだわりの品だ。

 このプロデュース企画では、プロデュースを行なう著名人の差し入れが恒例化しつつあり、第1弾では落語家の春風亭小朝、第3弾では元サッカー日本代表・岩本輝雄がそれぞれ豪華弁当を差し入れた。田中は、このAKB愛を試される"差し入れ合戦"に参戦した格好だ。今回の高級弁当&お取り寄せケーキは、ヤンキースのエースにして推定年俸23億円を誇る最強ドルオタの力を軽く見せたというところだろうか。

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧