大原櫻子の紅白出場に「実感が湧かないのはこっち」「トイレタイム」の大合唱

アサ芸プラス

大原櫻子の紅白出場に「実感が湧かないのはこっち」「トイレタイム」の大合唱

 紅白歌合戦に19歳の歌姫、大原櫻子の初出場が決まった。本人は記者会見で「まだ実感が湧いていないのですけれども」と初々しく語ったが、大原の選出には疑問の声も多く聞かれるようだ。テレビ誌のライターが解説する。

「若い女性からの支持は高い大原ですが、世間に浸透しているかは疑問です。ネット上でも『初めて聞いた名前』『演歌の人?』など、存在自体を知らないという声が少なくありません。そもそもソロデビューは昨年11月で、アーティストとしての実績はまだ1年ほど。こんなに早く紅白に出場できるのは驚きですね」

 そんな大原のソロデビューシングルは12位に留まり、7月に出たサードシングルも11位。セカンドシングルの『瞳』は5位のスマッシュヒットを記録したが、これは全国高等学校サッカー選手権大会の応援歌に採用されたおかげで、決してヒット作が多いとは言えない状況だ。

 一方で、大原の選出は業界的には順当だったという声もある。なぜなら彼女はフジサンケイグループの秘蔵っ子と言われており、フジが総力を挙げてプッシュしているというのだ。音楽ライターが教えてくれた。

「所属事務所はフジパシフィックミュージックで、芸能界デビュー作の映画や初出演の連ドラはいずれもフジテレビの作品。ラジオのレギュラーも系列のニッポン放送です。映画『ちびまる子ちゃん』では声優と挿入歌を担当しますが、これもフジテレビの作品ですね。これほどのバックアップがあれば、紅白出場を後押しすることも容易でしょう」

 このように活躍の場を豊富に用意してもらっている大原だが、月9ドラマ「恋仲」では正直なところ、インパクトを残せたとは言えないだろう。今回の紅白でも、大原の出番がトイレタイムにならないことを祈るばかりだ。

(白根麻子)

「大原櫻子の紅白出場に「実感が湧かないのはこっち」「トイレタイム」の大合唱」のページです。デイリーニュースオンラインは、ちびまる子ちゃん大原櫻子恋仲紅白歌合戦エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧