後藤真希、関根麻里、上戸彩の参入で「旧ママタレ」との仁義なき戦いが勃発

アサジョ

後藤真希、関根麻里、上戸彩の参入で「旧ママタレ」との仁義なき戦いが勃発

「今、芸能界で最も熾烈な生き残り競争が展開されているのが『ママタレ』業界なんです。すでに飽和状態といってもいいと思います」

 こう話すのは、広告代理店スタッフである。ママタレントといえば、最近では後藤真希や関根麻里、上戸彩、眞鍋かをりなどが出産して新規「加入」。彼女らが早くもトップクラスのママタレ候補と噂されている。代理店スタッフが続ける。

「出産すると即、『ママタレ枠』に入ることになります。ゴマキなどは結婚時に、ヤンキー過去などのさまざまな報道があり、イメージダウンの様相でしたが、それが出産で一気にイメージが変わり、逆に話題性が大きい。CMなどで引く手はかなりありますね。スポンサー企業からの問い合わせは多いですよ」

 とはいえ、昨今のママタレ量産で、

「CMもテレビ番組も『順番待ち』状態なんですよ。ママタレは洗剤や料理関係のCMには出たがりますが、『前』が詰まっている。ざっと挙げられるだけでも木下優樹菜、紗栄子、大沢あかね、藤本美貴、辻希美、東尾理子、スザンヌ、小倉優子、熊田曜子、東原亜希、千秋、優木まおみ、福田萌‥‥と、その数は多い。例えば、実はママウケがあまりよくない木下を別の層をターゲットに売るとか、尾野真千子を『艶系ママタレ』に分類するなどして、棲み分けを図ることが必要かもしれません」(テレビ局スタッフ)

 木下や辻、福田のように「ブログ炎上商法」を展開する手もあるが、今後のサバイバルの行方は果たして‥‥。

「後藤真希、関根麻里、上戸彩の参入で「旧ママタレ」との仁義なき戦いが勃発」のページです。デイリーニュースオンラインは、関根麻里ママタレント眞鍋かをり後藤真希上戸彩エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧