番組表が空白の異常事態…フジテレビの混乱招いた”年末格闘技”の不安 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「RIZIN」オフィシャルHPより
「RIZIN」オフィシャルHPより

『ザ・テレビジョン』でも『TVガイド』でも『TVBros.』でもいい。手元に年末年始特集号のテレビ誌があったら、開いて31日夜の番組表を見て欲しい。

 細かい字で各局の大晦日特番の内容が掲載されるなか、異様な光景が目に飛び込んでくる。番組表のフジテレビの欄だけ、ポカ〜ンと空白になっているのだ。

 ここには「PRIDE復活!」と大宣伝した総合格闘技イベント、『RIZIN』の生中継(注1)が入るはずなのだが……。

「各誌の〆切である12月初頭までに番組を確定できなかったということでしょう。かなりの異常事態で、フジテレビ内の混乱がうかがえる。一説には、局内でコンプライアンス(注2)問題への不安が囁かれていると…」(スポーツ紙芸能担当記者)

 RIZINは旧・PRIDEの中心メンバーだった榊原信行氏や、フジのKプロデューサーらが企画。かつて最強を誇ったエメリヤーエンコ・ヒョードルの復帰戦(vsシング・心・ジャディブ)や、2003年に紅白を瞬間的に上回る視聴率を取った、元横綱・曙とボブ・サップの12年振りとなる再戦などが発表された。

 ところがPRIDEを終了に追いやった要因が、再び取り沙汰されているのだ。あの新格闘王・前田日明氏には、

「(RIZINは)ダメですね!真っ黒ですよ、あれ。反社会勢力が付いている」

 と、断言される始末(注3)。かつて自身の団体から選手をPRIDEに引き抜かれた前田氏だけに私怨混じりかもしれないが、事実ならば大騒動となることは確か。

 さすがにイベント自体は開催されるだろうが、フジの中継がどうなるのか……まだまだ不安は残る。そして無事に中継されたとしても、「現在トップの格闘家が誰も居ない。懐メロ路線でしかない」との世評を乗り越えて視聴率を取れるのだろうか? 

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る