オリコン珍記録 CD売れぬ時代象徴 (1/2ページ)

R25

オリコン珍記録 CD売れぬ時代象徴

解散独立騒動の影響でCD購買運動が行われているSMAPの過去の作品がオリコンシングルランキング上位に入るなど、異例の動きがある2016年1月だが、その裏で珍しい2つの記録が誕生し、ネット上で話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

まず1つ目は、オリコンシングルデイリーランキング1位の史上最低売上枚数記録だ。この記録が生まれたのは2016年1月11日付のシングルデイリーランキング。発売6週目AKB48「唇にBe My Baby」が1位となり、その推定売上枚数が951枚で過去最低だったのだ。

オリコンランキングを日々分析しているニュースサイト「The Natsu Style」によると、これまでのデイリー1位最低売上枚数記録は2013年5月13日付の聖川真斗(CV.鈴村健一)『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000% アイドルソング 聖川真斗』の1102枚だったという。

あくまでもデイリーランキングだが、1000枚未満の売上枚数で1位を獲得したのはこれが初めてのこと。ツイッターでは、

「いまは1000枚売れなくてもオリコン1位取れるから音楽業界大変そうだよね」
「デイリーとはいえCDの時代じゃなくなったんだなー」
「うひゃー。売れない時代なんだね~」

と、CDが売れない時代であることを改めて実感するネットユーザーが多い。

そして、もうひとつの珍しい記録は、オリコン週間シングルランキングでの初登場1位からの2週目でのランクダウンワースト記録というものだ。1月18日付の週間シングルランキングで初登場1位となったBOYS AND MEN「BOYMEN NINJA」が、翌週の1月25日付ランキングでは194位までランクダウン。これは、ぱすぽ☆「少女飛行」の101ランクダウンを超える、193ランクダウンのワースト記録だという。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る