阿部寛、人気モデルから転落&ドン底の過去…覚悟の「尻出し」で人気俳優への道開く (1/3ページ)

ビジネスジャーナル

 最終回の平均視聴率22.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、昨年10-12月期に放送された連続テレビドラマのなかでダントツの人気を得て、老若男女を問わず幅広い層に支持され話題となった『下町ロケット』(TBS系)。

 2013年の『半沢直樹』、14年の『ルーズヴェルト・ゲーム』に続く池井戸潤原作ドラマとして、これら2作と同じTBSのドラマ制作チームが世に送り出した番組である。視聴者を飽きさせないドラマ展開のテンポ、重要な台詞を吐く俳優の大胆なアップや迫力ある群衆シーンといった印象的な画づくり、意表を突くキャスティングながらもそれを単なる話題性だけに終わらせない緻密な演出は、3作品に共通している。

 制作チームの要となる演出・福澤克雄氏は、「視聴率を上げようと思うと、自分がいいと思ったものを作れなくなる」との思いから、自身が本当にいいと思うもの、視聴者が観て良かったと感じられるものに、とことんこだわった。

 そのような現場の熱い思いとともに、『下町ロケット』というドラマの魅力の本質を支えているのが、主人公である「佃製作所社長・佃航平」を演じた俳優、阿部寛の存在といえる。キャスティングの多くを担当した番組プロデューサーの伊與田英徳氏は、ドラマ制作が進むにつれ「航平は阿部さんにしか見えないというか、阿部さんが航平というか」と感想をもらし、阿部の俳優としての底力に目を見張った。

 質の高いドラマ作品を連発するスタッフに絶大な信頼を寄せられる阿部寛。うさんくさい大学教授や古代ローマ人までも演じきる、わが国を代表する俳優のひとりであることはいうまでもない。
 
 しかし、宇宙科学開発機構におけるロケット打ち上げに失敗し挫折した過去をもつ佃航平同様、阿部自身も、決して順風満帆な俳優人生を送ってきたわけではないのだ。

 横浜市に生まれた阿部は、大学在学中の1983年、賞品目当てに応募したコンテストでの優勝をきっかけに、雑誌「ノンノ」「メンズノンノ」(共に集英社)のモデルとなる。たちまち圧倒的な人気を獲得し、当時の人気アイドル南野陽子の相手役として映画『はいからさんが通る』で俳優の道へ。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る