柳原可奈子 痩せたら顧客が減った「デブとかブスでののしって!」

学生の窓口

柳原可奈子が2日に放送された「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。

最近痩せたことで、ファン層が変わってしまったことで、悩んでいることを明かした。

ダイエットしたわけではないが、以前よりも痩せた柳原。

自ら「最近私、美人すぎるんじゃないかと思って…」と、調子に乗った発言をして、出演者からはちょっとしたブーイングが起こった。

今までデブキャラとして、活躍していたが、痩せてしまったことで「顧客が減った」と嘆く柳原。

自分のコンディションが良くて、笑いのネタをやってウケないときには、楽屋に戻ってから「ちょっと綺麗すぎちゃったかな?」と反省してしまうとか。

普通の人からはまだ「デブ」と言われるが、「デブ専の顧客の方からは、私なんかには用はないって言われて、私は魔のゾーンに入ってしまった」と、体型としては中途半端で、ネタをやって不完全燃焼のまま、楽屋では「美人だからかあ~」と思うしかないという。

「もっと、デブとかブスとかののしってください」と、お笑い芸人としては、ウケることを懇願しつつも、「綺麗でもいたいんです」と本音もチラリ。

明石家さんまからは「俺は柳原をデブとして扱ったことがない。トークでいけるからとちゃうか?」と褒められて、「こんなに嬉しい日はないです」と柳原は号泣。

お笑い芸人としては、ウケることは重要だが、やはりひとりの女性。綺麗でいたいのが本心。
さんまもどう扱っていいのか困惑していた。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る