橋本環奈のキスシーンだとッッッ!? 『セーラー服と機関銃』新情報に「悲壮感ですわ」「ファンやめるわ」と“お通夜”状態!! (1/2ページ)

おたぽる

 みんな大好き“千年さん”こと橋本環奈がめでたく17歳を迎えた2月3日、彼女が主演を務めた映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』のジャパンプレミア特別試写会が開催された。橋本のバースデーサプライズなどもあり、大盛況のうちに幕を閉じた試写会だが、橋本ファンがどうにも穏やかでない。というのも、劇中にまさかのキスシーンがあったらしいのだ。

 いまや説明不要の“奇跡の1枚”発掘以来、その美貌で世の男性から圧倒的な支持を受け続ける橋本。CMやテレビ番組はさることながら、始球式や「なんちゃら・オブ・ザ・イヤー」「ほにゃらら賞」受賞など、いつもどこかしらで絶賛されている橋本だが、ここまで祭りたてられながら、意外なことに映画主演は『セーラー服と機関銃 -卒業-』が初めてだったりする。それだけに注目作であるには違いなく、3月5日に公開を待つ人も多いはずだ。

 角川映画40周年記念作品という、冠もつけられた映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』。こちらは未見の人すら、薬師丸ひろ子が機関銃をぶっ放し「かい……かん」と述べるシーンを知っている、故・相米慎二氏の名作映画『セーラー服と機関銃』の続編にあたる。

 主演・星泉を薬師丸から橋本にバトンタッチ。弱小暴力団・目高組の組長となった星泉が、普通の高校生活を取り戻そうとするも、新たな事件に巻き込まれるという物語が展開される。監督は吉高由里子主演『婚前特急』が高く評価された前田弘二。出演も長谷川博己、安藤政信、伊武雅刀、武田鉄矢といった実力派で固められているため、単なる橋本主演のアイドル映画で終わらないだろう、と期待されていた。

 公開を1カ月後に控えた3日、都内で『セーラー服と機関銃 -卒業-』特別試写会が開催。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る