橋本環奈、「強欲商法」の指摘もシングルは2枚より10枚買ったほうがお得?

アサ芸プラス

橋本環奈、「強欲商法」の指摘もシングルは2枚より10枚買ったほうがお得?

 橋本環奈にとって初のソロシングル「セーラー服と機関銃」が、強欲な商法で批判されている。2月28日の発売記念イベントではシングル2枚で握手会、5枚で写メ会と握手会、そして10枚でチェキ会+直筆サイン+握手会というメニューを用意。このイベントについてアイドル誌ライターが語る。

「アイドルのCD発売イベントで、握手するための条件がシングル2枚というのは初めて見ました。人気絶頂の48グループでもシングル1枚で握手できるのが常識。NMB48の運動会など、入場券をもらえる条件がシングル2枚というケースはたまにありますが、今回は握手の値段が通常の2倍になったわけで、まさに前代未聞です」

 ネット民からは「これじゃ1000年に一回の強欲商法だ」との批判もあがっている。だが一方で、「こんな安い条件だとファンが殺到してトラブるのでは?」という声もあるというのだ。一体どういうことなのか、前出のアイドル誌ライターが教えてくれた。

「実は10枚特典の内容が美味しいと評判なのです。握手会では1人当たりの所要時間が2~3秒なんてこともありますが、直筆サインなら短縮化にも限度があり、その間は橋本を独り占めできます。しかもチェキ会ではほぼ密着状態になることができ、ファン垂涎のイベントとなりそうです。10枚特典の回ではファンの列がそう簡単には途切れないのではないでしょうか」

 この手のイベントでは、イベント参加券を持っているファンが残っているうちは主催者側が勝手に終了させるわけにいかないのが常識。10枚特典の回で長蛇の列ができてしまったら、17歳の橋本にとってタイムリミットの午後10時までにイベントを終わらせられるのか、心配になってしまいそうだ。

(金田麻有)

こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る