オードリー、生番組での「IKEAの椅子」破壊シーンは3億円の広告価値!?

アサ芸プラス

オードリー、生番組での「IKEAの椅子」破壊シーンは3億円の広告価値!?

 2月24日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)で、オードリーが家具ブランド・IKEAの椅子を破壊した。耐久性が極めて高く、630万回ものテストに耐えたという椅子に対し、オードリーの2人が大暴走。椅子に座った春日は身体を激しく揺さぶり、若林も春日の動きに勢いを付けた結果、椅子の脚が折れてしまったのだ。

 このオードリーの大暴走を受け、ネット上では大盛り上がり。ユーチューブにアップされた動画は、公開直後に数十万回の再生回数となった。

 今回、壊してしまった椅子は、視聴者プレゼント用にIKEAから提供された商品。きっとオードリーは大目玉を食らうのではと思いきや、

「むしろIKEAの広報は大喜びだったみたいですよ」

 と語るのは、IKEA社と関係の深い広告代理店の社員である。

「壊れてしまったことによるネガティブイメージ以上に、絶大な話題性に価値を見出しているんです。『広告費で換算したら3億円は下らないんじゃないか』と、一連の騒動を大歓迎しているようですね」

 これを機に、同番組でのオードリーの悪ふざけがエスカレートするかもしれない。

(白川健一)

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る