橋本環奈&広瀬すずの2強アイドル時代に突入? 『数千年・数万年に1人』の“亜流”美少女たちは注目されず

おたぽる

 24日、来月から公開される映画『ちはやふる』の完成披露舞台挨拶が行われ、主演の広瀬すずが登壇。ファンからは「何だかオーラが増した」「主演女優の風格が漂ってる」と、その成長ぶりに驚きの声が上がった。

「数々のドラマや映画に出演し、今やその姿を見ない日はない程に売れっ子となった広瀬ですが、今回は映画初主演ということで、ファンからは『プレッシャーに押し潰されないか心配』といった声も上がっていたようです。しかし、この日の舞台挨拶で、監督の小泉徳宏が『一言で言えば“持ってる”。これがスターなんだってことを、初めて目撃しました』と発言したかと思えば、共演者の上白石萌音も『初めて会った時からキラキラオーラがあった』と絶賛。ネット上でも『確かに、これまで以上にオーラを感じる』『17歳とは思えない。同世代では頭1つ飛び抜けた存在なのでは?』と、その成長ぶりに驚きの声が上がっているようです」(芸能関係者)

 しかし、広瀬と同じ17歳の橋本環奈も、23日に発売されたソロデビューシングル「セーラー服と機関銃」(YM3D)で、オリコンデイリーCDシングルランキング1位を獲得するなど、その勢いは負けてはいない。

「橋本も、広瀬と同じく初主演映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』が来月から公開されるのですが、映画の主題歌に起用されたソロデビューシングルがオリコン1位を獲得したということで、『幸先が良い』『映画も大ヒットするのでは?』と、関係者からも期待の声が上がっているようです。製作が発表された当初は、1981年に大ヒットした薬師丸ひろ子主演映画の続編ということ、さらに角川映画40周年記念作品ということもあり、演技経験のほとんどない橋本が初主演に抜擢されたことに不安を抱く声は多かったのですが、映画のビジュアルが公開されるや、『橋本バージョンも結構いけるかも』『期待できそう』という声が上がり、『映画の成功次第では、同世代のトップに躍り出るかも』『広瀬との2強時代に突入か?』といった声も上がっているようです」(同)

“1000年に1人の美少女”のキャッチフレーズで橋本がブレークして以降、滝口ひかり(2000年に1人)、NMB48の太田夢莉(1万年に1人)、AKB48の小栗有以(2万年に1人)など、亜流の美少女アイドルが乱立。しかし、いずれも橋本ほどの注目を浴びるには至らず、ネット上では「大袈裟」「真似すればいいってもんじゃない」など、否定的な意見の方が多く上がっているようだ。

ページの先頭へ戻る