カトパン退社で激変「テレビ局女子アナ勢力図」最新版 (4/4ページ)

日刊大衆

一方の宇賀アナも、『池上彰のニュースそうだったのか‼』のアシスタントなどをきっかけに、政治や経済の勉強にも熱心で、社内評価も非常に高いものがあるだけに、譲れないところでしょう」(夕刊紙記者)

 どうやら、現段階で有利なのは竹内アナのようだ。「竹内アナは、14年に広告代理店勤務の男性と熱愛が発覚していますが、報道の仕事に夢中なあまりに、自ら別れを切り出して昨秋に破局しています。今は、それほど仕事に燃えているそうですよ」(前出の高島氏)

 最後は、テレビ東京。一昔前までは、大橋未歩アナ(37)と大江麻理子アナ(37)が2大派閥を形成し、勢力争いを繰り広げていたが、「大江アナの結婚、大橋アナの離婚・再婚で、両者とも現在は一線を退いた形ですね。現在は、狩野恵里アナ(29)と、鷲見玲奈アナ(25)が事実上のツートップでしょう」(テレ東関係者)

 狩野アナは、大江アナから引き継いだ『モヤモヤさまぁ~ず2』で大ブレイク。20日には、エッセイ本『半熟アナ』が出版されるなど、注目が集まっている。対する鷲見アナは、大きな胸と愛くるしい笑顔で、男性ファンを激増させている。「鷲見アナが胸を震わせながら肉を食べ、感想を詩吟で表現するという斬新な新番組『鷲見玲奈、お肉吟じます。』が話題沸騰中です。片や、狩野アナはパンツスタイルが抜群にいい」(放送作家) 風雲急を告げる女子アナ界からは目が離せない!

「カトパン退社で激変「テレビ局女子アナ勢力図」最新版」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧