「バカじゃないの!」…中山美穂、仕事激減&問題行動連発で事務所も激怒&愛想尽かす (1/2ページ)

ビジネスジャーナル

 仏パリ在住の女優、中山美穂の一時帰国中の言動に、所属事務所も手を焼いているという。中山といえば、一昨年7月に息子の親権を手放し、芥川賞作家でミュージシャンの辻仁成と離婚。離婚成立前の同5月に中山は、音楽家の渋谷慶一郎氏とキスする様子を「女性セブン」(小学館、同6月5日号)に報じられ、不倫疑惑が浮上した。

「すでに“離婚秒読み”とメディアが騒いでいた渦中のことでもあり、中山の無防備で軽率な行動には事務所関係者も相当おかんむりでした。中山の所属する事務所は、AKB48所属の島崎遥香を含めて所属タレントが4人ほどの小規模なものですが、芸能界で大きな影響力を持つ大手事務所系列・Aの後ろ盾があることでも知られています」(テレビ局関係者)

 そもそも中山の離婚は、一昨年3月にスポーツ紙が「離婚に向けて話し合い中」とスクープ報道したことで明るみとなった。その理由について当初、辻の中性化や辻の不倫疑惑などとされ、すべての原因は辻側にあるというものだった。

「当初の報道は、離婚の原因を週刊誌などにしつこく探られ中山に非があることがバレないようにするために、中山サイドがスポーツ紙に情報を流したものです。芸能事務所の常套手段ですね。離婚成立前にあんな不用意な行動をとらなければ、そのまま辻を悪者にしてさっぱり離婚するはずでした。しかし、せっかくそこまでお膳立てした事務所の苦労は中山の軽率な行動でパーに。それどころか、中山には“愛息をあっさり捨てて、別の男に走った”というイメージが定着してしまいました。

 タレントと事務所の大きな収入源は、CMやイメージキャラクターなどの広告。ただでさえパリ在住とあってあまり働かず仕事が激減しているのに、イメージダウンでさらに仕事が減れば事務所の収入に与える影響も大きい。事務所も当時はなるべく派手に扱わないようにメディアに働きかけていたようですが、さすがに中山本人に対してもかなり抗議したようです」(中山の事務所の事情を知る会社関係者)

●辻との格差広がる

 そんな中山だが、昨年12月には渋谷との破局も報じられ、今月1日には日本で約2年ぶりに公の場に登場した。

今、あなたにオススメ
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る