上戸彩ディズニー新作映画のヒロインで声優出演!! 期待の声上がるも蒸し返されるクソゲー『ローグギャラクシー』!! (1/2ページ)

おたぽる

 女優の上戸彩が、4月公開のディズニーの新作映画『ズートピア』の日本語吹き替え版の声優を務めることが発表された。映画やアニメの声優を芸能人が担当することに賛否両論あるが、ネットからは意外と「上戸の声は良いよな」「声優上手いんだよな」といった声が聞かれ、“声優・上戸彩”に対して評価は高いようだ。しかし、過去の声優業での失敗作を蒸し返す声も上がっている。

 今回、上戸が声優を担当する『ズートピア』は、日本で2011年に公開された『塔の上のラプンツェル』のバイロン・ハワード監督と、13年に公開された『シュガー・ラッシュ』のリッチ・ムーア監督の手による話題作。すでに今月4日からは全米で公開されており、あの大ヒット作『アナと雪の女王』や『ベイマックス』を超えて、ディズニー・アニメーション史上1位のオープニング成績を記録しているというモンスター作品だ。

 そんな同作で上戸が声優を担当するのは、ヒロインであるウサギのジュディ。今回の役柄決定に「即決だった。みなさんの記憶や心の中に残る作品の声優を担当できることは本当に嬉しかった!」「いつか家族に自慢できる仕事ができたらいいなと思っているので、この役はまさにそうだと思う」と喜びのコメント。

 話題集めのためにタレント声優を使うことには、必ずと言っていいほど批判が付き物なのだが、今回の上戸の抜擢にネットからは「上戸彩は声カワイイしいいと思う」「声優上手いよね。『ATOM』は凄い良かった」「アトム見たけどまったく違和感なくそれと気づかないレベルだった!」と、09年に公開された『ATOM』でアトム役を務めた上戸の声を聞いた人からは大好評のようだ。

 上戸はほかにも、アニメでは『ピアノの森 -The perfect world of KAI-』の一ノ瀬海役や、ディズニー映画『ピーター・パン2 ネバーランドの秘密』のジェーン役、日本語吹き替えでは『マレフィセント』のオーロラ役を務めた実績もある。

 だが、今回のニュースで予想外に多く上がった声が「この子がヒロイン声優してたクソゲーがあったなあ」「『ローグギャラクシー』の経験が活きるな」「『ローグギャラクシー』……うっ、頭痛が!」といったもの。『ローグギャラクシー』とは05年にレベルファイブが発表したRPG。

ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧