「瞳の色がおかしい」ショーンKを生で見たスタッフの反応とは? 驚異の成り上がりの背景も…!! (1/2ページ)

トカナ

 イケメン経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏に経歴詐称疑惑が噴出。同氏は4月4日開始のフジテレビの新番組『ユアタイム~あなたの時間~』やテレビ朝日『報道ステーション』などから降板することになった。

 川上氏の疑惑を報じた3月16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によれば、川上氏はかつて自身のウェブサイトなどで、「テンプル大学で学位、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、パリ第一大学に留学した」と記載。だが、同誌の取材に応じた川上氏はテンプル大学で学位は取得しておらず、パリの大学もオープンキャンパスを聴講しただけ。さらに、ビジネススクールも3日のコースを受講しただけでMBAも持っていないことを認めたという。

 また国際経営コンサルタントの会社も、米国や日本などにある事務所はレンタルオフィスで、ウェブサイトに載っているマネジングパートナーも別人。川上氏が過去に雑誌連載で「一緒に仕事をした」と明かしていた企業も、それを否定している。

 これに加え、ネット上では「NY出身ではなく日本生まれ」「顔を整形している」「両親も純粋な日本人」など数々の疑惑がささやかれている。

 ここへ来て虚像が一気に崩壊した川上氏だが、仕事の現場ではこれまでどのように思われていたのか。

「以前、写真によって瞳の色が違うので気になり『あの人は何をしてきた人なのか』と上の人たちに聞いたら、皆『インテルのCMの声をやっていた人だけど、それ以外はよく知らない』という答えでした。現場の誰もその実態はよくわからないけど、話の内容自体は専門的な知識に沿っていたし、容姿も良いので、『まあいいか』という雰囲気でうやむやになりましたね。カラコン疑惑に関しても当時は『メークの一種なんだろう』と何人かで話していました」(一緒に仕事をしたことのある番組スタッフA氏)

 一方、別の番組で川上氏と仕事をしたことのあるスタッフB氏は、次のように振り返る。

「他の出演者が急遽出られなくなった時でも、毎回すぐに代役として出演してくれていたし、フジテレビで帯番組をやることまで決まったので、経営コンサルタントとしてのビジネスはそれほど忙しくないのかなと思っていました。

ページの先頭へ戻る