【疑惑】北川景子に深刻な身長問題が浮上!? 実際に会った人物に聞いてみた

トカナ

 今年1月11日に結婚を発表した女優・北川景子。お相手はかねてから交際を公にしていたBREAKERZのボーカル・DAIGOで、爽やかなカップルの門出は世間からも大いに祝福された。また北川は、オリコン調査の『女性が選ぶ「なりたい顔」ランキング』で、2015年に3度目の首位に輝いた美貌の持ち主。まさに女性が憧れる“カッコイイ女”の印象が強いが、関係者からは「北川の意外な悩み」が聞かれた。

 そもそも北川の芸能界入りは、高校生の頃に地元・神戸のモデル事務所にスカウトされたことがキッカケ。2003年にファッション誌『Seventeen』(集英社)で「ミスSEVENTEEN」に選出されてモデルデビュー。同年に、テレビドラマ『美少女戦士セーラームーン』(中部日本放送)の凛とした美女・火野レイ(セーラーマーズ)役で女優デビューも果たし、クールビューティーのイメージが定着した。

 しかし、芸能プロダクション関係者は、「ある大掛かりなイベントの楽屋で初めて北川さんを見た時は驚きました。一瞬誰だが分からなかったほど、背が低かったんです。切れ長の目がクールなモデルさんですし、公式プロフィールには身長160cmとありますが、むしろ160cm半ばくらいはありそうなイメージを持っていました。でも、実物は150cmほどにしか見えない小さな女性だった」と話す。

 顔や体型、雰囲気などによる錯覚で高身長に見えるだけで、実際には本人判別が難しいほど低身長とは驚きである。

「イベント本番ではものすごく高いヒールを履いていましたけど、それでも他の女優さん達と並ぶと頭一つ分は小さかった。圧倒的な美貌のおかげでオーラは半端じゃありませんが、ヒールを履いていないとそれも薄れますね」(前出の芸能プロ関係者)

 北川といえば、2011年の嵐・桜井翔主演のドラマ『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)や、同じくフジテレビ系列で2014年に放送されたSMAP・木村拓哉主演『HERO』(第2シリーズ)などでヒロイン役を演じていた。

 また、2015年にも同局の『探偵の探偵』で主演を務めたが、同芸能プロ関係者はこうしたドラマの仕事についても、「ドラマ主演は、ある程度の身長がないと厳しいといった業界ルールがあるんです。もし自分が北川の担当だったら、本当は背が低いということがバレないよう、かなり気を遣うと思います。本人も自分のイメージは分かっているはずですから、それを損なわないように気をつけているでしょうね」と分析する。

 それでも、冒頭にも書いた通り、北川の美貌に羨望の眼差しを向ける女性は多い。さらに、好感度の高いDAIGOとの結婚で、ますます憧れの的となっている。4月29日には都内のホテルで挙式と披露宴を行うことが発表されており、北川のとびきり美しい花嫁姿にも期待が寄せられる。

※イメージ画像:『北川景子1st写真集 Making Documentary DVD「27+」』(SDP)

ページの先頭へ戻る