アラフォー女優・藤原紀香が”結婚を急いだ”本当の理由 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by SAOTOME
Photo by SAOTOME

 先月30日、歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(44)がついに入籍。翌日、都内で結婚会見を行った。交際期間約7ヶ月のスピード婚の裏には理由があったようだ。会見で、愛之助は子どもについて「授かりものですから」と自然の流れに任せる考えだったが、紀香は「できれば産みたい」と率直な思いを明かした。

 本来、梨園に嫁ぐとなれば、跡取りとして男の子を産むことを急かされる。しかし、愛之助は、「僕自身はこの世界(歌舞伎界)で生まれた人間でもなく、養子で片岡家に入れていただきました。例えば愛之助という名前を使わせたいのに子どもがいないなあとなれば、養子でも芸養子でもいろんな形がありますので、僕はそれでも構わないと思います」と、92年に自身が養子となったことを引き合いに、そう語った。

 紀香は「そうは言ってくださいますが…」に続け、「できれば子どもを産みたいなというのが女心なので。無理をせず、2人で相談しあってやっていけたらと思っています」という希望を口にしている。

 会見に出席した、近しい関係者は語る。

「会見のとおり、愛之助さんは子どもは強くは望んでいない。しかし、紀香さんは『子どもを産みたい』と強く願っている。その気持ちが、44歳の紀香さんの結婚を後押しし、スピード結婚になった」

 問題は、子どものことだけではない。紀香は今後、芸能活動を続けながら“梨園の妻”として愛之助を支えていくことになる。果たして両立することは可能なのか。

●注目記事:白髪は年齢のせいじゃない!?漢方が「白髪」「薄毛」にいいワケ

注目記事
「アラフォー女優・藤原紀香が”結婚を急いだ”本当の理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、梨園の妻片岡愛之助藤原紀香結婚エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧