顔認証が導入された嵐のコンサートに対する転売屋の策が凄いと話題に (1/2ページ)

ゴゴ通信

顔認証が導入された嵐のコンサートに対する転売屋の策が凄いと話題に

ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

顔認証が導入され嵐のコンサートは購入した本人のみしか使うことが出来なくなった。顔認証はももクロなどでも既に導入されており、機械により識別されまず本人と間違えることはない。

しかし転売屋はどうしても売りたいのか、自らの容姿を書き込んでいる。つまりコンサートに行く人は転売屋の容姿に似ている人か、似せることが出来る人が購入して下さいという意味だろう。人が目視で本人かどうかを識別していると思っているのか、この方法だとコンサート当日に中に入れ無い人続出のよかん。

顔認証は目の形、唇、輪郭などあらゆるパーツで識別しており99%の確率で的中するという。出品されている内容を一部抜粋すると次の通りだ。

・40代前半女性名義、顔認証、40代女性登録、化粧はナチャラル系です。見た目は、年齢よりかなり若く30代前半に見えます。髪型、一つに縛ってます。会員証、写真付き身分証明証を貸し出します。条件として落札者様にも写真付き身分証明証、会員証を預からしていただきます。ライブ終了後に、お互いに書留郵便にて交換させていただきます。

・50代女性名義、顔認証、50代女性登録、化粧してます。見た目は、年齢よりかなり若く40代前半に見えます。髪型、少し茶髪ロング、中肉中背です。会員証、写真付き身分証明証を貸し出します。条件として落札者様にも写真付き身分証明証、会員証を預からしていただきます。ライブ終了後に、お互いに書留郵便にて交換させていただきます。

中には身分証明書やファンクラブ会員証を貸し出すという人もおり、既に42万円の取引が成立している。

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧