フジ日枝会長(78)「洋物ポルノ」を経費で鑑賞疑惑が発覚! 株主総会で「名誉毀損になりますよ!」と絶叫!! (1/4ページ)

トカナ

フジ日枝会長(78)「洋物ポルノ」を経費で鑑賞疑惑が発覚! 株主総会で「名誉毀損になりますよ!」と絶叫!!

「名誉毀損になりますよ!」

 フジ・メディア・ホールディングスの日枝久会長が、株主総会の議長席から叫んだ。その心情そのものはよく分かる。なにしろ、「SEKOI」の言葉を世界中に広めた舛添要一東京都知事でさえ、裸足で逃げ出すであろう程のせこさが、その場で暴露されたのだ。

 それは、「日枝会長が海外出張の際に見た有料ポルノ放送の使用料を、会社の経費でまかなっていた」というものだった。もちろん、78歳になる日枝会長が、大好きな洋物ポルノを毎日見ずにはいられないというのは、まことに喜ばしいことだ。だが、その使用料を会社の金で賄っていたというから問題だ。

 言うまでもなく、フジHDはフジテレビや産経新聞などを擁するメディアコングロマリットである。報道機関として、舛添都知事のせこさもさんざん追求してきた。そのフジのトップが有料ポルノを経費で……?

 こうして波乱の株主総会が始まった――。

 6月28日午前10時から、お台場のフジ本社に接する、ホテル・グランパシフィック LE DAIBAで、フジ・メディア・ホールディングスの第75回定時株主総会が開かれた。

 事業報告では、フジの事業の中核である、放送や映像音楽事業、広告事業などが毎年のようにさらに減収という寒々しい事実が淡々と報告されていく。

 株主提案の説明が始まる。ヤラセ社員株主に関する議案を共同で提案したのは、この問題を東京地裁に訴えて追及している株主の松沢弘氏と山口三尊氏である。

 定款に以下の条文を加えるべきだという、提案内容だ。

「当社株主総会の議長は総会において、当社及びグループ会社の従業員株主や関連会社の株主、当社及びグループ会社従業員の経歴を有する、いわゆるOB株主を、質問者、動議提出者として指名した場合には、その所属、役職並びに事前の打ち合わせの有無などを、その場で開示するものとする」

 マイクの前に立った松沢氏は、提案内容の説明を始める。

「私を初めとするフジHDの株主が、2014年と2015年の二つの株主総会について、いずれも総会決議は無効であるという判決を求める裁判を起こしています。

「フジ日枝会長(78)「洋物ポルノ」を経費で鑑賞疑惑が発覚! 株主総会で「名誉毀損になりますよ!」と絶叫!!」のページです。デイリーニュースオンラインは、深笛義也株主総会ポルノフジテレビ社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧