土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に (1/3ページ)

ヘルスプレス

うわさの養殖なまず君 近畿大学HPより
うわさの養殖なまず君 近畿大学HPより

 7月30日(土)の「土用の丑の日」を前に、スーパー、百貨店、小売店のウナギ商戦が熱い。

 2012年に高騰して以来、高値が続くニホンウナギ。高値の元凶は、昨冬の稚魚(シラスウナギ)の不漁だ。しかも今年は、稚魚が餌を食べず成長が遅れたため、販売価格が高止まりした。スーパー、百貨店、小売店は、販売価格を昨夏より約1割上乗せしている。汗をかきかき、高値のウナギを横目で睨む炎夏になりそうだ。

 農林水産省によれば、ニホンウナギは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種に指定されているため、漁獲量が年を追って減少。総供給量は、2000年の約16万トンから2014年の約4万トンまで激減している。今後も漁獲量の逓減が続けば、ウナギのぼりの高値は避けられない。

ナマズ、ハモ、豚肉などさまざまな「ウナギもどき」が!

 このような品薄の煽りを受けまいと、全国のスーパーや小売店も窮余の策をあれこれと繰り出している。定番のウナギの蒲焼きだけでなく、ナマズ、ハモ、豚肉などを使った蒲焼きの売り込みに必死だ。だが、「ウナギもどき」に消費者の財布が緩むだろうか? 胃袋は満たされるだろうか? 土用の丑の日を前に、ヤキモキしながら模様眺めの人も多いかもしれない。

 毎日新聞(7月23日)によれば、大手スーパーのイオンの超目玉は「ナマズの蒲焼き」。先週の23〜24日に50店舗で数量限定販売したところ、まずまずの滑り出し。30日には121店舗で7000食の完売を目指すというその価格は、1食(半身1尾)で税別1480円と、同社のウナギの蒲焼きより約500円も安い。小売店でナマズの蒲焼きを販売するのは初の試みだ。

 西武池袋本店は「土用の丑の日は蒲焼きの日」を合言葉に、ウナギのほか瀬戸内産ハモの蒲焼き(税込み1620円)、豚肉の蒲焼き(税込み378円)など120種類もの蒲焼きをラインアップ、新たな蒲焼きニーズの掘り起こしに躍起だ。

近畿大学が手がける「ウナギ味のナマズの蒲焼き」

 悠々30年の歳月と巨費を投入し、魚の養殖技術の頂点と言われる「マグロの完全養殖」に成功した近畿大学。今や「近大マグロ」は、世界ブランドに急成長している。

「土用の丑の日を前にウナギ価格が高騰!近大の「ウナギ味の養殖ナマズ」が救世主に」のページです。デイリーニュースオンラインは、養殖絶滅危惧種ウナギカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧