【プロ野球】満塁男ここにあり!楽天・藤田一也の”フルベース活躍劇” (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

楽天・藤田一也の「フルベース活躍劇」!!
楽天・藤田一也の「フルベース活躍劇」!!

 技術と技術の応酬になるプロ野球。そのなか、僕らファンは選手の豊かな才能を、「ドクターK」「必殺仕事人」「守備職人」「左キラー」「代打の神様」などと名づけて楽しんでいる。最高のチャンスで力を発揮する「満塁男」もそのひとつだ。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■楽天移籍後の藤田も満塁男!

 古くは巨人、横浜で活躍した駒田徳広、阪急・オリックスでプレーした藤井康雄が「満塁男」として有名。

 現在は歴代1位・16本の満塁本塁打を記録する西武・中村剛也がよく知られるが、ここでは楽天の藤田一也を紹介したい。2012年途中にDeNAから移籍。クリムゾンレッドに袖を通してからの「フルベース活躍劇」が、まさに神ってるのだ。

 今シーズンは76試合で285打席に立ち、打率.245、30打点(8月8日現在)。左肋骨の亀裂骨折もあり、例年と比べて調子を落としている。しかし、得点圏打率は.313と高く、満塁では10打数4安打9打点ととりわけ勝負強い。

■開幕戦逆転勝利に導いた2点適時打、満塁サヨナラ敵失の立役者

 ソフトバンクとの開幕戦が、藤田の満塁男ぶりをよく物語っている。

 楽天は先発の則本昂大が立ち上がりに3失点。しかし、追う展開で迎えた2回裏、攝津正を一気呵成に攻め立てて5得点。試合をひっくり返した。このビッグイニングが物をいい逆転勝利を飾ったのだが、その2回、1死満塁で反撃の狼煙を上げたのが藤田だった。

 真中高めに甘く入るストレートを左中間へ弾き返した藤田の当たりは、レフト・中村晃のダイビングキャッチをかいくぐって着弾。逆転の呼び水を誘う2点適時打になった。

 去る7月23日ロッテ戦、延長12回裏にサヨナラ勝利を決めた立役者も藤田だった。

 四球と安打で作った無死一、二塁。送りバントで1死二、三塁の形を作ると、ロッテは1番・岡島豪郎を敬遠。満塁策を取り、2番・藤田との勝負を選択した。

 ここで、満塁男の登場にしめしめと思った楽天ファンは多かったはず。はたして2球で追い込まれた直後に打って出た当たりは一塁線へ転がるボテボテ。しかし、折からの降雨をも味方につけ、相手守備の乱れを誘うサヨナラ敵失になっている。

「【プロ野球】満塁男ここにあり!楽天・藤田一也の”フルベース活躍劇”」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤田一也楽天野球太郎プロ野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧