解散の元凶じゃない?香取慎吾がラジオで語った”SMAP愛” (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay
Photo by Pixabay

 SMAPの解散が発表されてから、それぞれのメンバーの動きが注目されている。特に解散発表後にオンエアされる各メンバーのラジオ番組では、それらの話題についてどのように触れられるのかがファンにとっては聞き逃せないポイントになっていたようだ。

 そんな中、解散のきっかけとも言われた事務所側の「(グループ活動の)休養」という提案を断り、「休むよりも解散したい」という意思を表明したと言われている香取慎吾(39)・草なぎ剛(42)からの言動から、「本当に彼らが解散を希望したのだろうか?」という疑問の声が挙がっている。

 解散発表直後に放送された、香取と草なぎがパーソナリティを担当する『SMAP POWER SPLASH』(bayfm)は、冒頭で「(解散発表前の)8月3日に収録されたもの」というアナウンスが差し込まれてからの放送であったが、番組では2人が夏に関するフリートークを楽しげに展開した。

 またトークの中では、AR(拡張現実)機能を利用したスマホゲーム『ポケモンGO』について話題になった際は、香取が「SMAPのコンサートでARをやってみよう」と提案するなど、継続活動に前向きな一面も見せている。

 そのため、この放送を聴いたファンからは「慎吾君、本当はコンサートやりたいんじゃないの?」「解散したいって雰囲気は微塵も感じないんだけど」といったコメントも挙がっており、2人が本当に“解散強硬派”だったのか疑問視されているようだ。

「解散の元凶じゃない?香取慎吾がラジオで語った”SMAP愛”」のページです。デイリーニュースオンラインは、香取慎吾草なぎ剛SMAP解散ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧