総合格闘技に進出も?女子レスリング・吉田沙保里の怪しい動き (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Nicolas Alejandro Street Photography
Photo by Nicolas Alejandro Street Photography

 地球の反対側から数々の名勝負、名場面を見せてくれたリオデジャネイロ・オリンピックが終幕した。日本勢の大活躍もあっておおいに盛り上がったが、唯一日本中が凍りついた瞬間があった。女子レスリング・フリースタイル53kg級決勝、そう吉田沙保里(33)が敗れた時だ。

 <霊長類最強の女><敗北を忘れた女>などなど、単に<強い>という表現では収まらない存在であった吉田。事実、公式戦119連勝(注1)、世界選手権13連覇(注2)を成し遂げ、4度目のオリンピック金メダルに手をかけていた。日本、いや世界の女性アスリート史上トップクラスの選手なのは間違いない。

 そんな吉田に憧れてレスリングを始めた、今回の日本の金メダリストたち。ついに吉田を破った米国のヘレン・マル―リス選手(24)も、「サオリは憧れだった」とリスペクトを隠さない。吉田が女子レスリングの地位を上げ、すそ野を広げてきた。まさに生ける伝説だ。だから、

「たくさんの方々に応援して頂いたのに、銀メダルで終わってしまって申し訳ないです」

 と、うなだれる必要はまったく無い。間違いなく、日本中が吉田沙保里を誇りに思っている。だからこそ、彼女の去就も注目されるのだ。

■吉田が選ぶ今後の進路はまさかの?

 アニマル浜口(68・注3)は娘の浜口京子(38)が五輪で敗退するたび、次回の開催地を大声で連呼。「次を目指せ」と鼓舞していた。しかし、これだけの栄光を築いた33歳の吉田に、すぐに「2020年東京オリンピックで再び金を」と言いだす向きは、少ない。

 吉田本人も、いったんは「東京を……」と言いかけたが、

「今はすぐにやる気にはならない。引退も頭の中には出てきた。今まで引退というのは全然なかったんですけど……」

 と熟考モードへ。恩師・栄和人コーチ(56)の言うように、しばらくは母校・至学館大の大学院に籍を置き、指導者としての勉強をするのがリーズナブルな進路と思われた。が……

注目記事
「総合格闘技に進出も?女子レスリング・吉田沙保里の怪しい動き」のページです。デイリーニュースオンラインは、栄和人ヘレン・マル―リス総合格闘技吉田沙保里リオ五輪連載などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧