強引な独立劇が障害に?嵐・松本潤と井上真央に”破局報道” (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay
Photo by Pixabay

「10年愛」といわれるほど長年にわたって交際や結婚がウワサされてきた嵐の松本潤(33)と女優の井上真央(29)に急転直下の「破談」報道が飛び出した。井上真央がこれまで所属していた事務所を退社したことが判明し、それをきっかけに結婚に向けて前進するのではないかと見られていたが、まったくの逆で「結婚は白紙状態」との見方が強まっているようだ。

■独立で進展のはずが急転直下の”破談報道”

 現在発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)は、井上が10月1日に所属事務所セブンス・アヴェニューから独立したと報道。同誌によると、退社の原因は子役時代からステージママとして有名だった井上の母親が「事務所の待遇に不満を抱いた」からだといい、今後は個人事務所で活動する見込みだという。

「同事務所のサイトが『リニューアル中』になってしまったのも実は井上の独立が”円満退社”ではなかったことを示しています。事務所側は井上の独立には納得しておらず、かなり険悪なムードのまま強引に退社してしまったようです。本来なら、そのような義理を欠いた独立は業界で仕事を干されかねないのですが、少数精鋭でやってきた同事務所は井上を除けば松嶋菜々子(42)しか柱になるタレントがいない。その松嶋もフジテレビ系ドラマ『営業部長 吉良奈津子』で5%台を連発するなど一気に雲行きが怪しくなっている。井上サイドは強引に辞めても事務所の圧力には勝てると踏んだのでしょう」(芸能プロ関係者)

 これをきっかけに嵐・松本潤との結婚が一気に進展するとの見方もあった。特定事務所の看板女優のままなら難しいが、個人事務所になれば自由がきくためだ。場合によっては結婚後、嵐ファンへのケジメとして即座に引退という手もある。だが、同誌によると独立によって逆に結婚は不可能になったという。

 嵐を寵愛するジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子副社長(50)と井上の前事務所の女社長は親しい友人関係にあり、だからこそ本来ならタブーであるトップタレント同士の交際を見守ってきたとされる。しかし、ジュリー氏にとって友人である女社長を裏切って井上が事務所を飛び出したとなれば、今までと同じ態度で接することはできないというのが、その理由だ。

「強引な独立劇が障害に?嵐・松本潤と井上真央に”破局報道”」のページです。デイリーニュースオンラインは、井上真央松本潤破局ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧