ゲスの恩返し?ベッキー、川谷の不祥事で”完全復活ムード”に (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真は「冬空のLOVESONG」より
写真は「冬空のLOVESONG」より

 タレントのベッキー(32)が10月9日放送の情報バラエティ『ワイドナショー』(フジテレビ系)で今年5月以来の地上波復帰を果たし、同回の平均視聴率が10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。同時間帯のライバル番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に0.2ポイント差で初めて競り勝ったことが話題になっている。

 今までは視聴者の拒絶反応が心配されていたが、今回の出演で「数字を持っている」ということが証明され、続々と番組復帰が決まるのではないかと騒がれているのだ。メディア上でも「歓迎ムード醸成」「おかえりエール相次ぐ」などと完全復活を後押しする報道が相次いでいる。

■「ベッキー完全復活」の御膳立ては整った?

 ベッキーはゲストコメンテーターとして出演し、司会の松本人志(53)らに「ゲス不倫騒動」をイジられつつも、ゲスの極み乙女。の川谷絵音(27)が起こした未成年タレントとの飲酒問題について「専門家」としてコメント。今年5月に『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)でテレビ復帰した際には川谷の名前すら番組で出さなかったが、今回は「(飲酒問題は)未然に防げたことなんじゃないか」などと元恋人に向けて厳しい言葉を口にする変化を見せた。

 放送後、ベッキーのインスタグラムには「ベッキーおかえり!」「早くテレビに戻ってきて」「イッテQにも戻ってきてほしい」などと応援コメントが殺到。批判的なコメントは皆無であり、これがメディア上で「歓喜&エール殺到」などと報じられた。

 これで完全復活の御膳立ては整ったと見る業界関係者は多い。

「今までは賛否が渦巻いていたのですが、川谷が未成年タレントと飲酒問題を起こしたことで、『悪いのは川谷、ベッキーは被害者』というイメージが強まり、それが視聴者の拒否反応を薄れさせた。これまでのように視聴者をモヤモヤさせることなく、正面から川谷について語ったのも好印象。この高視聴率を受けてレギュラー復帰させる番組がひとつでもあれば、他番組も後から続くことになるでしょう」(芸能関係者)

「ゲスの恩返し?ベッキー、川谷の不祥事で”完全復活ムード”に」のページです。デイリーニュースオンラインは、ゲス川谷ワイドナショーベッキー復帰視聴率エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧