新垣結衣の胸がないから?「逃げ恥」原作の超重要シーンがカットされたワケ

アサ芸プラス

新垣結衣の胸がないから?「逃げ恥」原作の超重要シーンがカットされたワケ

 11月8日に放送された新垣結衣主演のテレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)第5話の視聴率が、13.3%だったことがわかった。同ドラマは初回から1度も数字を落とさず好調を維持している。

「『逃げ恥』は初回視聴率10.2%を記録して以降、2話で12.1%、3話で12.5%、4話で13%と毎週数字を上げていき、火曜ドラマ枠の歴代最高記録を更新し続けています。放送後は毎週、新垣のキュートさやドラマの内容がネットで盛り上がっているため、口コミで視聴者層が拡大しているのでしょう」(テレビ誌記者)

「逃げるは恥だが役に立つ」は、海野つなみによる同名マンガが原作で、新垣演じる主人公が、星野源演じる恋愛経験のない独身サラリーマンと契約結婚し、奇妙な共同生活を送るというラブコメディーである。

 そして最新の第5話では、新婚の空気を醸し出すために、2人が「ハグの日」を制定するという物語が描かれた。しかし今回、原作にあったあるシーンがカットされていたという。

「2人が初めて抱き合った際、原作では男性側が『胸当たってる』という心の声が描かれているのです。しかしドラマでは、その台詞がカットされていたため、原作ファンからは『津崎さんの心情を描いた重要なシーンなのに!』『男が女とハグをした際、一番気にするのは相手の胸だから、台詞をカットするのは不自然だ』『未経験の男が胸を意識しないわけがない』と不満の声が飛び交いました。おそらく新垣は、高身長でスタイルは良いものの、胸は豊かとは言い難いため、彼女に気を遣って今回はカットされたのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 原作では、さらなる2人の色っぽいシーンが描かれているという「逃げ恥」。今後、ドラマは、どこまで再現することができるのだろうか。

(森嶋時生)

「新垣結衣の胸がないから?「逃げ恥」原作の超重要シーンがカットされたワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、海野つなみ逃げるは恥だが役に立つ実写版新垣結衣エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧