“KARAの勝ち組”知英、超絶美脚披露で「頬ずりしたい」とファン歓喜! 関西弁には不安の声も? (1/2ページ)

おたぽる

知英
知英

 6日、韓国出身のアイドルグループ・KARAの元メンバーで、現在はソロ歌手として活動している知英(ジヨン)が、自身のインスタグラムに、雑誌「ザテレビジョンCOLORS」(角川マガジンズ)のグラビア撮影時の写真をアップ。ショートパンツから伸びる超絶的な美脚に、ファンからは「頬ずりしたい!」「触らせて!」などといった興奮の声が殺到した。

 知英は、2008年にKARAに加入し、最年少メンバーとしてデビュー。本格的に日本に進出してきた10年頃は、身長こそ167cmと高かったものの、顔にはまだ幼さが残っていたことから、“ジャイアントベイビー”の愛称で親しまれていた。しかし、22歳となった現在は、すっかり大人の女性へと成長。特にその美脚には芸能界でも屈指という呼び声が高く、今年9月に発売されたフォトブック『THE FIRST STAGE』(東京ニュース通信社)でも、その魅力を存分に発揮し、話題を集めていた。

「9月に発売されたフォトブックは、同月に公演された、知英の初主演ミュージカル『スウィート・チャリティ』の舞台裏を撮影したものなのですが、金髪のウイッグを被り、セクシーな衣装で歌い踊る知英のゴージャスな姿には、客席から溜息すら漏れていました。知英は、ギャラなどの契約内容を巡り、当時所属していた事務所と確執状態に陥ったことなどにより、14年にKARAを脱退したのですが、結局、KARAは今年1月に事実上の解散となったため、ネット上では『泥舟からいち早く逃げ出して正解だった』という声が寄せられています。また、KARAの元メンバーであるニコルも日本での活動を継続しているのですが、知英ほどには露出が多いわけではなく、他のメンバーは韓国での活動がメインとなり、その活躍ぶりが日本には伝わりづらくなっているため、知英に対して『KARAの勝ち組』と称する声も少なくないようです」(芸能関係者)

 14年に日本の芸能事務所・スウィートパワーと専属契約を結び、女優として活動し始めた当初は、日本語の言い回しにたどたどしさが感じられたため、同年に放送されたドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)でWヒロインの1人である雪女のゆきめ役を演じた際には、『どうして日本人をキャスティングしないの?』という批判の声が殺到。

「“KARAの勝ち組”知英、超絶美脚披露で「頬ずりしたい」とファン歓喜! 関西弁には不安の声も?」のページです。デイリーニュースオンラインは、知英KARAインスタグラム芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧