悲惨『スマスマ』が6.4%を記録!SMAPは”有終の美”を飾れないのか?

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay
Photo by Pixabay

 SMAP解散にともない、年内いっぱいで終了が伝えられている『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)だが、視聴率の低下が止まらない状況だ。14日放送回の平均視聴率が史上ワーストの6.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かり、年末に予定されるフィナーレに向けて不安ばかりが漂っている。

■14日の『スマスマ』は伝説回に?

「14日の『スマスマ』はいろいろな意味で伝説になりそうな回でした。ゲストに呼ばれたのは小藪千豊(43)や陣内智則(42)といった新鮮味のないお笑い芸人5組。中居とはうまく絡むことができたが、ほかのメンバー4人とは終始ぎこちないやり取りばかりで、視聴者にはいらぬ緊張感まで与えてしまいました。およそバラエティとは思えない番組作りでした」(スポーツ紙記者)
『スマスマ』の視聴率が大きく下がる兆候はそれ以前に表れていた。BISTRO SMAPの出演者交渉が難航していて、10月31日放送回のゲストは、フジテレビの男性アナウンサー5人という惨状に。案の定、この日の『スマスマ』は今年ワースト視聴率を記録していた。

 解散騒動が浮上した直後の1月18日放送回では“公開生謝罪”がおこなわれ、31.2%という高視聴率を稼いだ同番組だが、その後は数字が下落。最近では1ケタ台も珍しくなかった。しかし、それでも6.4%まで下がるというのは誰も予想できなかったはず。さらにこの日、SMAPファンを騒然とさせる場面があった。

「香取慎吾(39)がライザップでダイエットしたはずなのに、リバウンドして激太りした醜い裸体を晒したのです。香取自身は芸能界に未練がないのか引退報道が噴出していますが、およそアイドルとは思えないその姿に多くのファンが嘆きの反応を示しています」(前出・記者)

 いよいよ番組終了が近付く『スマスマ』。もはや、かつての国民的バラエティ番組の姿はみじんも見られなくなっている。こんな姿は誰が予想できただろうか。

文・阿蘭澄史(あらん・すみし)
※1974年滋賀県出身。フリー記者。某在京スポーツ紙の契約記者を経て、現在は週刊誌等で活躍中。主な著書に『真相!アイドル流出事件簿』(ミリオン出版)、『事務所をクビになった芸能人』(竹書房)、『芸能人のタブー』(宙出版)など。
「悲惨『スマスマ』が6.4%を記録!SMAPは”有終の美”を飾れないのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、SMAP×SMAPSMAPフジテレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧