成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”

デイリーニュースオンライン

成宮寛貴の”コカイン疑惑”より黒い?警察が狙う大物女性アスリート(写真はイメージです)
成宮寛貴の”コカイン疑惑”より黒い?警察が狙う大物女性アスリート(写真はイメージです)

 俳優・成宮寛貴(34)について、12月2日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)が薬物使用疑惑を報じ、業界内外に衝撃を与えている。報道に対し、成宮寛貴サイドは「事実無根」と主張。マスコミ各社へ書面を送り、法的措置も辞さない構えをみせた。ただし、つい先日もASKA(58)が覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されるなど、芸能界では薬物を巡る報道が後を絶たない状況だ。

「成宮に関しては写真の他に音声データがあるようで、捜査当局も関心を寄せている。その一方で、かねてから関係者の間で『彼女は危ない』と指摘されているのは、超有名女性アスリート・Aです」(週刊誌記者)

 美人かつ個性的なキャラクターで、一時期はメディアを席巻していたというA。

「スタイル抜群のAだけに、そのプロポーションを活かして、グラビアに挑戦したこともありました。しかし、健康的なイメージとは裏腹に“ブラック”な噂もちらほら聞かれ、少し前から“薬物芸能人”の1人として浮上していたんです」(前同)

 Aは若くからアスリートを目指して、その世界に身をおいていたこともあり、時折「ハメを外し過ぎる」こともあった。

■「挙動がおかしい」の声

 テレビ番組制作関係者が語る。

「学生時代から世界的な大会にも参加し、多くの実績を持つAですが、やはりその分、常にストレスを感じていたそうです。その反動か、私生活では一時期、派手な服装で出歩くなど、相当な遊び人なのでは? といった噂が飛び交っていました。芸能人がクラブなどで薬物に手を出すことは多く、Aに関してもそうした情報がしばしば寄せられていた。それに最近は、テレビ出演時に『挙動がおかしいのでは』といった意見も、ネット上で散見されるようになっています」

 芸能人の薬物事件はショッキングだが、今年2月に逮捕された元プロ野球選手・清原和博(49)のようなスポーツ関係者が薬物に関与していることも、残念極まりない。今後、Aが本当に逮捕され、噂の真相が明らかになる日は訪れるのだろうか。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。

注目記事
「成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”」のページです。デイリーニュースオンラインは、芸能人逮捕成宮寛貴覚せい剤ドラッグASKAエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧