メリチャー/二宮真琴は準々決勝で第3シードに敗退 [ホバート国際]

テニスデイリー

メリチャー/二宮真琴は準々決勝で第3シードに敗退 [ホバート国際]

 「ホバート国際」(WTAインターナショナル/オーストラリア・タスマニア州ホバート/1月8~14日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準々決勝で、ニコール・メリチャー(アメリカ)/二宮真琴(橋本総業ホールディングス)は第3シードのガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)/ヤン・ジャオシュアン(中国)に6-4 5-7 [4-10]で敗れた。試合時間は1時間23分。

 メリチャーと二宮は今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。1回戦ではジェシカ・ムーア(オーストラリア)/バラチャヤ・ウォンティアンチャイ(タイ)を6-2 6-1で破って勝ち上がっていた。

 ダブロウスキー/ヤンは準決勝で、デミ・シヒュース(オランダ)/レナタ・ボラコバ(チェコ)と対戦する。シヒュース/ボラコバは準々決勝で対戦予定だった第1シードのモニカ・ニクレスク(ルーマニア)/アビゲイル・スピアーズ(アメリカ)が棄権したため、不戦勝で勝ち上がっている。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)
「メリチャー/二宮真琴は準々決勝で第3シードに敗退 [ホバート国際]」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧