吉田沙保里の容姿を巡る「情熱大陸」の内紛にネット民が「どっちも失礼」

アサ芸プラス

吉田沙保里の容姿を巡る「情熱大陸」の内紛にネット民が「どっちも失礼」

 知らなくていいことを知らされた吉田沙保里の心中はいかに──。

 先日、「週刊新潮」が報道じた「情熱大陸」(MBS)プロデューサーの“ゲス発言”に対するディレクターの激怒事件が波紋を広げている。

〈突然ですが、昨日OAした吉田沙保里の回を持ちまして、情熱大陸から離れることを決めましたので、ご報告申し上げます〉〈プロデューサーとはこれ以上一緒に仕事ができない、と考えたことが理由です〉という文面のメールが、昨年8月に「情熱大陸」に関わる全プロダクション、さらにはMBSの各部門にも送り付けられた。差出人は同月放送の吉田の回の演出を手がけていたフリーディレクターのA氏だったという。

「メールによれば、番組の試写の最中に、放送作家のB氏が『見れば見るほど、可愛く見えてきましたよ』と吉田の容姿を褒めたところ、プロデューサーが『じゃあBさん、イケるんですか??』と質問したといいます。すると、A氏は『イケるはずがないブスだとでも? どこからそんな下卑た発言が生まれるのか』と激しく憤り、思い返すと手が震え、涙が滲んでくると糾弾。プロデューサーは“恋愛対象としてイケるか”という意味で言ったと弁明しています」

 ネット上は「本当ならひどい話」「『情熱大陸』という番組の見方が変わった」「失礼極まりない、吉田さん、コイツにタックル1発かまして」「吉田さんにも選ぶ権利あるわ」と、女性を中心にプロデューサーのゲス発言に多くの人が憤慨した様子。しかし、一方でA氏に対しても首をかしげた人も多い。週刊誌記者が言う。

「プロデューサーは“ブス”とは一言も言っていませんし、これが『新垣結衣イケるんですか?』なら、『イケるはずがないブスとでも?』とはなりませんから、逆説的にA氏がブスと思っていると言っているのと同義になってしまいます。そもそも家族でも恋人でも友人でもないディレクターが、涙がにじむほど激怒するっていうのも客観的に見たら受け止めにくい。内々で抗議すればいいことをわざわざ拡散するのもやりすぎに思えます」

 結果的に吉田だけが無駄に傷つけられたこのバトル、裁定は「どっちも吉田に失礼」ということになりそうだ。

注目記事
「吉田沙保里の容姿を巡る「情熱大陸」の内紛にネット民が「どっちも失礼」」のページです。デイリーニュースオンラインは、吉田沙保里情熱大陸レスリングスポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧