フェデラーがワウリンカを倒し、ジョコビッチと並ぶ大会5度目のタイトル獲得 [BNPパリバ・オープン] (1/2ページ)

テニスデイリー

フェデラーがワウリンカを倒し、ジョコビッチと並ぶ大会5度目のタイトル獲得 [BNPパリバ・オープン]

 もはやカムバックについて話すのはよそう。ロジャー・フェデラー(スイス)は帰ってきたのだ。

 スイス人対決となった「BNPパリバ・オープン」(ATP1000/アメリカ・カリフォルニア州インディアンウェルズ/本戦3月9~19日/賞金総額699万3450ドル/ハードコート)の男子シングルス決勝で、フェデラーはスタン・ワウリンカ(スイス)を6-4 7-5で倒して大会最多タイ記録となる5度目の優勝を決めた。

 フェデラーはいくつかの故障のため昨年の大半を休養に充てることを強いられたあと、今年1月の全豪オープンで18度目のグランドスラム・タイトルを獲得していた。

 「僕にとっての、夢の疾走は続いている」とフェデラーは言った。

 フェデラーはこのマスターズ1000の大会の間中、自分は“まだ復帰を果たそうと努めている最中なのだ”ということ、そして年の最初の3ヵ月以降のプランは立てておらず、まずは自分(の体)がどう感じるかを見てみるつもりだということを、皆に思い出させようと努め続けていた。

 しかし今の彼は、よりビッグなことを考えたくなってきたかもしれない。

 「全豪オープンとインディアンウェルズで優勝するというのは、僕のプランには入っていなかった。ゴールはウィンブルドンまでにトップ8に食い込むことだったんだ。だから僕は、そこにずっと早くたどり着いたことになる」とフェデラーは言った。

 「これから、シーズンの残りの期間のためのプランを立てることにするよ。特にマイアミのあとのクレーコート・シーズンのためのね。そしてそれから、何を目標にするかを見てみることにする。というのも、この夢のようなスタートのあと、明らかにゴールは変わりつつあるからね」

 5度目の優勝を遂げたフェデラーはキャリア90番目のタイトルを獲得し、オープン化以降のタイトル数のリストで、ジミー・コナーズ(アメリカ)、イワン・レンドル(アメリカ)に次ぐ3位の座をキープしつつ、今大会の優勝数で、今回は4回戦で敗れたノバク・ジョコビッチ(セルビア)とタイ記録を刻んだことになる。

「フェデラーがワウリンカを倒し、ジョコビッチと並ぶ大会5度目のタイトル獲得 [BNPパリバ・オープン]」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧