お肌ケアにも年齢相応のやり方があるなんて……もっちりすべすべ、トラブル知らずの美肌体験

デイリーニュースオンライン

 誕生日が来るたびに、重なっていく年齢。そして、歳だけではなく「肌年齢」も確実に上がっていく・・・。

 40歳になった頃から、その現実を自分の肌でひしひしと感じていた私。くすみやカサつきが気になり、メイクをする度にため息をついていました。

 朝にどんなに頑張って保湿をしても、夕方にはガサガサ・シワシワの老け顔に。鏡に映る疲れ切った顔の自分に、ガッカリする毎日を送っていたのです。

 もしかして、実際の年齢よりも肌年齢の進み方の方が、スピードが速いのかも!

 そう思った私は、何とかこれ以上の肌の老化を食い止めようと、スキンケアを見直すことにしたのでした。

 しかしいざ、お肌を改善しようと思っても、「自分の年齢にどんなスキンケアが合うか」がさっぱり分かりませんでした。そこでアンチエイジングというキーワードで情報を集めることにしたのです。

 そこで知ったのは「お肌ケアにも年齢相応のやり方がある」ということ。何年も同じスキンケア用品を使っていた私はドキッとしました!

 そうですよね、歳を重ねたらその年齢に合ったやり方でケアをしてあげないと、お肌のトラブルが改善されるわけはありませんよね。

 そして「今の私にピッタリ合うスキンケアは無いか…」と思ってたどり着いたのが、京美水エイジケアでした。あの日本酒メーカーの黄桜が8年間という長い年月をかけて開発した、と聞いてピンと来たのです。

 お酒造りをする杜氏さんや蔵人さんの手がつるつるでキレイ、というのは知っていました。それはお酒造りの発酵過程で生み出された成分が、お肌にとってよい働きをするからです。

 さらに「京美水エイジケア」には日本酒から取り出した「清酒TRX(チオレドキシン)エキス」という新しい成分がたっぷり配合されています。

 「清酒 TRXエキス」とは、抗炎症・抗酸化タンパク質として知られる「チオレドキシン」を日本酒から抽出したもので、黄桜が京都大学ウイルス研究所の淀井名誉教授との共同研究で開発した成分です。

 この成分はお肌がハリ・ツヤを与え、女性にとって永遠の課題であるエイジングケアに最適なのです。

 また黄桜のある京都・伏見は「伏水」と呼ばれる清らかでミネラルがバランスよく含まれた水で知られています。お酒造りにも使われる水を使った化粧品なら、お肌にぐいぐい浸透してくれそうですよね!

 もうこれは、試してみるしかない!と思ってさっそく注文した「京美水エイジケア」。久しぶりのスキンケア用品の切り替えに、ワクワクしていました。

 まず気に入ったのは、潤いのための順番がきちんと用意されていること。忙しいとついつい適当な時短ケアで済ませてしまいがちでしたが、しっかりとお肌に働きかける5ステップのケアは「歳を重ねたお肌を、丁寧なスキンケアでいたわってあげよう」という優しい気持ちを思い起こさせてくれました。

 用意されているのは、5つのステップ。クリームタイプのクレンジングと弾力のある泡立ちの洗顔フォームでお肌から汚れを優しく落とした後は、化粧水・乳液・クリームの順番でお肌を徹底保湿します。

 また日本酒のほのかな香りは、合成の香料とは全然違いました。なんだか懐かしい落ち着く香りに、「日本酒って、日本人の体にぴったり合っているんだな」と実感です。

 今まで長い間頑張ってくれた私のお肌、これからはゆっくり丁寧なスキンケアで守ってあげるからね・・・

 そんな気持ちで使っていくと、だんだんと私のお肌に変化が出てきました。刺激のあるピーリングなどは一切していないのですが、お肌がワントーン明るくなりました。

 これは本物かも!と期待を込めて使っていくと、お肌にハリとツヤが出てきました。もう私のお肌から失われてしまったものと思い込んでいたのに・・・まさに「アンチエイジング」ですね!

 お肌に潤いがあると、毎日が楽しくなります。私にとってスキンケアの時間は、自分のお肌と対話をする時間。贅沢な成分をたっぷり浸透させてあげることで、お肌が喜んでいるのを感じています。

 まだまだお付き合いの続く、自分のお肌。年齢のせいにして諦めず、これからも京美水エイジケアで守っていきたいと思っています。

↓↓
トライアルセットのすすめ
「お肌ケアにも年齢相応のやり方があるなんて……もっちりすべすべ、トラブル知らずの美肌体験」のページです。デイリーニュースオンラインは、PR女子などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧