松重豊『孤独のグルメ』は“黒歴史”だと思っていた!? (1/2ページ)

日刊大衆

松重豊『孤独のグルメ』は“黒歴史”だと思っていた!?

 4月6日放送のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に俳優の松重豊(54)がゲスト出演。人気テレビドラマ『孤独のグルメ』(テレビ東京系)で主役の井之頭五郎役を受けたとき、「プロフィールの汚点になる」と思っていたと語り、伊集院光(49)や柴田理恵(58)らを驚かせていた。

 この日は『孤独のグルメ』の第6シーズンの放送スタート前日で、伊集院にドラマがヒットしたことについて聞かれると、松重は「原作も単なるオッサンが食べてるだけで、別に何か物語があるわけでもないし、事件が起こるわけでもないんで……」「“本当に淡々とやりますけど、いいんですか?”ってことで、“何もやらないですよ”っていうスタンスだった」と話した。さらに「はたして、視聴者っていうお客さんがつくかどうか本当に分からないし、たぶん、僕の中でも、プロフィールの汚点になるだろうなって思って(いた)」と打ち明けると、伊集院は大笑いしていた。

 松重は『孤独のグルメ』は「夜中に飯食ってる番組やってたよね?」とか、「一人で飯食って何が面白いの?」と言われるような、黒歴史ドラマになると予想していた。しかし、ジワジワと人気が出てきて、地方に行くとお年寄りから、「あの、夜中に食べてらっしゃるの、またやらないんですか?」などと言われるようになり、「ああ、この番組、別に必要とされていないわけじゃないんだなあ」と思ったという。また、アジアやヨーロッパでも人気が高まり、松重は「中国の観光客が片言で僕に向かって来るんですよ。よく聞くと、“食べる番組見てる。まさか日本に来ておまえに会えるとは思ってもみなかった”みたいなことを言ってるんです」とドラマの影響力を実感していた。

 次に柴田から食べ方がきれいだと褒められると、松重は「大学は演劇学専攻で、芝居を4年間みっちり勉強したけど、食べ方なんて、一つも教わってない」「食べ方がいいとかって言われても、訓練や努力してきたわけではない」と言い、さらに「きれいに食べようとか、最初から思ってなかったです。パスタでも多少音を立ててでも、おいしく食べられればいい。だから、がっついて食べているから、“これ汚いから、なんか受けつけない”って思う方がいてもいい」と持論を述べた。

注目記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧