小池栄子、沢尻エリカとの不仲を認めた!? (1/2ページ)

日刊大衆

小池栄子、沢尻エリカとの不仲を認めた!?

 4月10日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、女優の小池栄子(36)と沢尻エリカ(31)が出演。二人の微妙な関係について、くりぃむしちゅーの上田晋也(46)や有田哲平(46)から指摘される場面が見られた。

 番組の冒頭、小池と沢尻は「芸能界を代表するサバサバ女子のお二人」と紹介されて登場。上田から「お互いにサバサバしてるなと思います?」と聞かれたのだが、沢尻は「サバサバっていうか……う~ん、なんかこう、なんて言うんでしょう……」と言葉が出ず、小池も「空気感は一緒な感じする。はっきり言う、声が大きい……違うかな?」と、歯切れの悪い言い方をしていた。

 そして二人は4月12日からスタートした同局のドラマ『母になる』で初共演しているのだが、撮影現場で一度自己紹介をしただけで、ほとんどコミュニケーションを取らずに、今回の番組出演になったと説明。これに上田が「こっちが気を遣わなきゃいけない?」と聞いたところ、小池は「ちょっとギスギスする可能性は……だって、どこに怒るスイッチがあるかお互い分からないわけですから」「仲……良くはないっていうか」と正直に明かし、しゃべくりメンバーは爆笑。小池は「良くなりたいから、今日(番組で親交を)深めたい」と、慌てながら説明していた。

 しかし小池と沢尻が並んで席に着いたところで、今度は有田が「ヤバいなこれは」と発言。有田は「だいたい二人とか三人で来たとき、カメラ止まってる間とか“今日どこで宣伝するんだっけ?”とか、いろいろ(会話が)あるんだけど、ほんと二人とも(目を合わせず無言だった)」と指摘。これに小池が「しゃべんなくても楽だなっていうことなの」と釈明したのだが、上田から「それは親しくなってからの話じゃん。親しくないのにしゃべんないのは、これは単に空気が悪い」と、ツッコミが入ってしまった。

 上田が続けて「小池さん、どっちかっていうと、誰とでも人見知りせずしゃべるほうでしょ? 沢尻さんにもそんな感じでいけばいいじゃん」とアドバイスしたのだが、これに小池は「印象がやっぱりまだ残ってて、ちょっと怖い。あの“別に”事変ですよ」と告白。沢尻が過去に映画の舞台あいさつで「別に」と無愛想に連発したイメージが強く、恐怖心が拭えないと白状していた。

「小池栄子、沢尻エリカとの不仲を認めた!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧