沢尻エリカの”キャラ変”に違和感?性格が丸くなって女優評価も急落

デイリーニュースオンライン

水曜ドラマ『母になる』|日本テレビ公式サイトより
水曜ドラマ『母になる』|日本テレビ公式サイトより

 女優・沢尻エリカ(31)が主演を務め、今月12日に放送されたドラマ『母になる』(日本テレビ系)の第1話平均視聴率が、10.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と期待を大きく下回る数字となった。

 同ドラマは、ある誘拐事件に関わった3人の女性を中心に展開され、主人公・柏崎結衣を演じる沢尻は、誘拐された子どもと9年後に再会し、母として成長していく役どころ。他にも俳優の藤木直人(44)、Hey! Say! JUMP・中島裕翔(23)、板谷由夏(41)、小池栄子(36)などが出演し、沢尻の息子役には関西ジャニーズJr.の道枝駿佑(14)が抜擢されている。

 “悲劇のヒロイン”役を演じる沢尻に対して、ネット上では「今さら可哀想な女性の役は似合わない」「ヘルタースケルターみたいな破滅役が似合う」と、同ドラマの役柄とのギャップに戸惑う声もみられたようだ。

「本人が悪女を演じるのに飽きたようで、今回のようなドラマを引き受けたようですね。また、女優としても幅の利く方向も考えているのでしょう。しかし、沢尻よりも視聴者の注目が多く見られるのは、息子役で出演している関西ジャニーズJr.の道枝です。視聴者にとっては沢尻よりも道枝の方に夢中になっている人が多いようです」(テレビウォッチャー)

 これまでメディアに対して過激な態度や発言など、なにかと言動が注目された沢尻だが、ここ最近は、現場でも前に出ること無く、非常におとなしいという声が多いようだ。

■性格も演技も丸くなった?

 今月11日に放送された『踊る踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際には、番組後半でSNSでの批判的な書き込みに「なんとも思わない」「おまえが死ねよ」と“エリカ節”を飛ばす様子もあり、かつての片鱗が残っていることを見せつけたばかりだが……。

「撮影現場では“近づくなオーラ”満載。自分の好きな洋楽を爆音でかけながらインタビューをさせるなど、様々な困惑エピソードがある彼女ですが、今回はドラマの番宣も積極的に行い、現場ではしっかり挨拶もするようになったとの声もあります。今ではすっかり大人になったようです。彼女ももう31歳。三十路を超え、さすがに性格も丸くなって落ち着きを見せたようですね」(ドラマ制作関係者)

 今では、撮影現場での評判も好転したような沢尻だが、変化したのは性格だけでないという。

「女優としての評価は上がったようですが、肝心な演技に関しては評価が下がっているとも言われています。ここ最近は、演技で評価される若手女優たちが、沢尻の他にも次々とテレビ・映画界を賑わせています。どれだけ過激なキャラクターでも、演技だけは抜きん出て素晴らしいと評価が高かった彼女でしたが、どうやらそれも時代とともに変化しているようですね」(前出・テレビウォッチャー)

 歳を重ねるとともに色んな意味で変化を見せる沢尻。第一話が始まったばかりの今作だが、このドラマでかつての栄光を取り戻せるといいのだが。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)
※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。
「沢尻エリカの”キャラ変”に違和感?性格が丸くなって女優評価も急落」のページです。デイリーニュースオンラインは、母になる視聴率沢尻エリカエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧