山本耕史&堀北真希ら「交際0日結婚」に学ぶ結婚理論

まいじつ

NOV / PIXTA(ピクスタ)
NOV / PIXTA(ピクスタ)

一昨年、“交際0日”で結婚をした山本耕史と堀北真希。山本が6年間片思いだったことや、ラブレターを40通近く送っていたこと、いきなりプロポーズをしたことなどが話題になったが、芸能界には交際0日で結婚した夫婦がほかにもいる。

まずは『ココリコ』の田中直樹と女優の小日向しえの夫婦。ふたりはバラエティー番組『ココリコミラクルタイプ』(フジテレビ系)で共演し、写真週刊誌『フライデー』にデートの様子を写真に撮られたことはあるが、付き合ってはいなかったそうだ。

キスはおろか手をつないだこともなかった上、番組内では意見が対立していたことも多く、周囲は「反りが合わない」と見ていた。それだけに、結婚が発表されたときは、共演者立ちも驚きを隠さなかった。田中からのプロポーズの言葉は「お互い好きなんだから結婚しようか」で、これはインターネット上で《田中男前》、《田中すげえ》、《こういうことをサラッと言われると女は落ちるのだろう」と賞賛された。

『森三中』の大島美幸と、放送作家の鈴木おさむも、交際0日で結婚した夫婦だ。このふたりは当初、飲み会で顔を合わせる程度の知り合いだったそうで、同席した際に鈴木が大島に「結婚しよう」と言ったところ、大島がその場の勢いで「いいっすよ」と答えたという。その後は、鈴木が会うたびに「結婚しよう」と言い続け、当時付き合っていた彼女と別れ、婚姻届けを持ってきたほどだったそうだ。大島はその熱意にほだされ結婚をしたが、それまで鈴木の携帯電話の番号を知らなかったという。

上手く夫婦としてやっていくコツ「SVR理論」

そして、交際0日結婚の極め付きは、鳥居みゆきだろう。2015年にテレビ番組で共演した鈴木奈々から「鳥居さんって、不思議な結婚の仕方をしたって聞いた」と切り出されると、鳥居は「不思議な結婚? あれでしょ。付き合ってないでいきなり結婚したとかじゃない? 友だちと」と答えている。その理由を「長年の友達とルームシェアしようという話になったときに、相手の親が同棲とかうるさいから、じゃあ入籍しようと…」と説明していた。自らの結婚を“ルームシェア婚”で「完全にノリ」だったと振り返っている。

このときが結婚9年目で、いまでも夫婦生活を続けているが、夜の営みは結婚前に1回だけだったそうだ。

交際0日で結婚しても、長く夫婦として続く理由は、『SVR理論』というものによると、S(Stimulus:刺激)、V(Value:価値)、R(Role:役割)の3つの要素のうち“R”をクリアしていることだという。役割がはっきりしていると、交際0日で結婚してもうまくいく場合が多いそうだ。

結婚したい人は“R”をいかに上手くするかを考えることが、近道になるかもしれない。

「山本耕史&堀北真希ら「交際0日結婚」に学ぶ結婚理論」のページです。デイリーニュースオンラインは、小日向しえ田中直樹山本耕史大島美幸鳥居みゆきエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧