劇場アニメ『BLAME!』、新海誠、静野孔文、本広克行ら人気クリエイターからコメント到着 (1/3ページ)

RBB TODAY

劇場アニメ『BLAME!』、新海誠、静野孔文、本広克行ら人気クリエイターからコメント到着
他の写真を見る

 劇場アニメ『BLAME!』(配給:クロックワークス/105分)が20日から2週間限定で全国公開となる。明日の公開を前に新海誠、静野孔文、本広克行といった人気クリエイターたちからのコメントが到着した。

 同作は人類が「違法居住者」として駆除・抹殺される暗黒の未来を舞台に、無限に増殖を続ける超巨大な「階層都市」における探索者・霧亥の孤独で危険な旅路を描いたSF作品。原作は『シドニアの騎士』などの弐瓶勉で、監督を『シドニアの騎士』『亜人』の瀬下寛之、アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが担当する。キャストには櫻井孝宏、花澤香菜、宮野真守、梶裕貴といった人気声優が参加する。

 クリエイターたちからのコメントは以下の通りだ。

■映画監督/メカニックデザイナー 荒牧伸志(代表作『APPLESEED』)

エッジで難解な「BLAME!」がこんなにエンターテインメントな映画になるとは!
オリジナルのコミックスの空気、手触りもしっかりと漂っている。
シボ、素敵すぎる。


■映画監督・脚本家 飯田譲治(代表作『NIGHT HEAD」『アナザヘヴン』)

まったく予備知識なく観ましたが、海外実写SF映画を凌駕しているとも思える映像のクオリティに圧倒されました。すごい!


■SF作家 小川一水(代表作『天冥の標』シリーズ)

宇宙戦艦主砲級のとんでもないピストルを身に着けた主人公・霧亥の、どっしりした立ち居振る舞いもさることながら、一般人間である電基漁師たちの、生き抜く苦闘に惹きつけられる映画だった。いやそれよりもシボさんの! スレンダートール金属レディ、シボ姉の鉄のかかとが鉄の地を打つ、コトンコトンという足音が耳に響いたなあ。
「劇場アニメ『BLAME!』、新海誠、静野孔文、本広克行ら人気クリエイターからコメント到着」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧