紗栄子が世界レベルで叩かれる?恋人が”120億円で絵画落札”への懸念 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Lara Cores(写真はイメージです)
Photo by Lara Cores(写真はイメージです)

 タレントの紗栄子(30)の交際相手で、ファッションサイト「ZOZOTOWN」の運営会社「スタートトゥデイ」の前澤友作社長(41)が、絵画のオークションで120億円を超える作品を落札したことを5月26日発売の写真週刊誌『フライデー』(講談社)が報じている。

 前澤社長と言えば総資産2000億円と称され、絶大な資金力を擁する。今回は、アメリカの画家でグラフィティアートをモチーフとした作風で知られるジャン=ミシェル・バスキアの作品を、ニューヨークで開かれたオークション大会で1億1050万ドルで競り落とした。予想落札額を大幅に上回る落札で、資金力に物を言わせての奪取となった。

「前澤社長は昨年12月に千葉市内で、世界に1台しかない時価3億円のイタリアのスーパーカー『パガーニ・ゾンダ』に乗車中に衝突事故を起こしました。大金を投じた高級車が大破になってもどこ吹く風でした」(週刊誌記者)

 前澤社長は昨年も62億円でバスキアの作品を購入。芸術への造詣は深いようで2012年に現代芸術振興財団を設立するほか、過去には、「アートはライフスタイルに心の豊かさを与える、という実感が僕にはある」といった発言を残している。

 現在は100億円の豪邸を千葉に建設中の前澤社長。室内にはこれらの高額アート作品が掲げられることとみられるが、思わぬ落とし穴がある。それが現在、交際中の紗栄子だという。

「紗栄子が世界レベルで叩かれる?恋人が”120億円で絵画落札”への懸念」のページです。デイリーニュースオンラインは、前澤友作ZOZOTOWN紗栄子炎上セレブエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧