東山紀之でもうお腹いっぱい?朝の顔がジャニーズだらけの不安要素 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by djandyw.com(写真はイメージです)
Photo by djandyw.com(写真はイメージです)

 10月からスタートするニュース情報番組『サンデーLIVE(仮)』(テレビ朝日系)に、東山紀之(50)が抜擢されることが過日発表された。

 同番組は、日曜の朝5時50分から2時間40分にわたる生放送となり、これに伴い、テレビ朝日における現在放送中の番組は終了と時間変更に分けられ大幅に変更される。この時間帯は『シューイチ』(日本テレビ系)や『サンデーモーニング』(TBS系)、『新報道2001』(フジテレビ系)など、報道・情報番組が歯列な争いを繰り広げている。この中に参戦することで、視聴率戦線がどのような変化をもたらすかにも、今から注目が集まっているようだ。

 現在朝の顔として、多くのジャニーズタレントがキー局でのキャスターを務めている。日本テレビにはTOKIOの山口達也(45)、TBSは国分太一(42)、NHKではV6の井ノ原快彦(41)がそれぞれの番組でMCを担当。加えて、フジテレビではHey!Say!JUMPの伊野尾慧(27)が曜日レギュラーをつとめている状況だ。ここに東山が参入することで、キー局における朝の顔がジャニーズそろい踏みとなったと言える。このような情報番組の参入には、ジャニーズにとってもさまざまなメリットがあるようだ。

「情報番組は、番組そのものが定着すれば、そのタレントにとって長期的な受け皿の確保になります。ドラマやバラエティーのように、クールも関係ありませんからね。それだけでなく、ジャニタレが情報番組に参入することで、ジャニーズ関連のスキャンダルなどは敢えて扱わないなどの操作もできる可能性もある。沈黙を守ることができるので、火消し対応がしやすいという点もあげられます」(芸能記者)

 昨今、ジャニーズタレント達のスキャンダルが急速に増えているだけに、事務所内だけでは賄えない状態が、このような対応策で表れてきたのかもしれない。

「東山紀之でもうお腹いっぱい?朝の顔がジャニーズだらけの不安要素」のページです。デイリーニュースオンラインは、サンデーLIVE東山紀之ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧