フグ解禁の立役者は伊藤博文。禁断グルメから日本が誇る料理に昇格したフグ料理の進化 (2/3ページ)

Japaaan

「魚づくしより あわびとさよりに桃」歌川広重

長州藩は、豊臣秀吉によるフグ禁止令が出される原因になった地・下関があるため、松陰氏が神経質になるのも無理はありませんね。一方で、長州藩の医師が天保年間に著した『河豚談』は日本初のフグ専門書とも言われており、この名物の魅力に負けて賞味する人はやはりいたのでしょう。

フグ解禁の立役者は伊藤博文

そうした禁断のグルメを公認したのは、松下村塾で学んだ長州の元武士にして、我が国最初の内閣総理大臣になった伊藤博文でした。

明治21年(1888年)、下関を訪問した伊藤は春帆楼と言う料亭と宿屋を兼ねた店に滞在しますが、シケで魚を切らしてしまった女将さんがフグを出します。当時もフグを禁止する法律は施行されており、女将さんは処罰を覚悟してフグ料理を供したのですが、伊藤はその美味しさに感激します。そればかりか、「こんなに旨い魚を食べられないとは勿体無い事です」と山口県知事に掛け合い、フグ料理は解禁されました。

西日本ではフグは「不遇」に通じるので、「福」と同音の「ふく」と縁起の良い名で呼ぶことが多いですが、伊藤博文のフグ解禁は不遇をかこっていたフグ料理に、まさしく福をもたらしたことだったのです。

全国へ広がるフグ解禁

フグ解禁は当初、山口県限定でしたが、徐々に大阪や北九州など西日本方面でフグ料理が広まっていき、太平洋戦争後には全国でフグの禁止令が解除されました。

「フグ解禁の立役者は伊藤博文。禁断グルメから日本が誇る料理に昇格したフグ料理の進化」のページです。デイリーニュースオンラインは、伊藤博文フグ豆知識カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧