トラブル過去に黒い噂まで?錦織圭がぞっこんの観月あこは”非公認恋人”

デイリーニュースオンライン

Photo by Pixabay(写真はイメージです)
Photo by Pixabay(写真はイメージです)

 プロテニス選手・錦織圭(27)の交際相手として伝えられているモデル・観月あこ(25)だが、2人の関係は“祝福ムード”とは程遠いようだ。かねてから観月には黒い噂がつきまとい、「錦織側の関係者は、観月あこの存在すら認めていない」(スポーツ紙記者)という。

「業界内でも観月の印象が良くない理由は複数ありますが、1つは彼女の交友関係。観月は占い師に傾倒しているといわれており、実際に錦織の試合観戦に同席させていたことも。さらに、錦織は観月との交際が発覚する以前の2014年までは好調だったのに、発覚以降は不振が続いている。錦織の成績も、目に見えて傾いていることから、関係者やファンから批判が出ている状況です」

 そんな中、8月9日発売の『週刊新潮』(新潮社)は、観月や錦織、また錦織の父親などを取材している。

「まず、錦織の父親は、同誌の記者から観月について聞かれると、『悪い娘だと思う』とコメントし、結婚に関しても『想像したくもない』と拒否反応を示している。一方、観月はというと、錦織次第だとしながらも、『結婚はしたい』と明言している。しかし、錦織本人は無言を貫いたようです」

 そのほか、観月にまつわる芸能界でのある“事件”の存在も浮上している。

「2013年秋に『週刊女性』(主婦と生活社)が、Kis-My-Ft2・玉森裕太(27)の自宅マンションに『頻繁に通う美女がいる』と報じているのですが、これが実は観月だった。当時は“立花舞”の名で芸能活動をしていましたが、錦織との熱愛報道後に玉森とも関係があった女性だと判明し、大きな注目を集めました。そして、もう1つ。2014年に『週刊ポスト』(小学館)で報じられた、俳優・杉良太郎(73)の“わいせつ疑惑”について、被害に遭ったとされる“22歳の清純派女優”こそが観月だとし、本人が週刊誌にタレ込んだ可能性を伝えています」(芸能プロ関係者)

■錦織圭の所属事務所は観月あことの交際を徹底無視?

 掘り返せば掘り返すほど、トラブルの過去や疑惑が出てくる観月。それゆえに、錦織が所属するIMGも、彼女との交際を歓迎する気はないようで……。

「IMGは観月を錦織の恋人とは認定しておらず、むしろ『交際中』などと書いた媒体を出禁にするなど、徹底的にその存在を無視しているんです。これだけ週刊誌やネット上で取り上げられており、誰もが交際を知っていてもなお、IMGはその態度を変えようとはしません」(前出・スポーツ紙記者)

 長らく交際していながら、ここまで無視される恋人というのも、逆に珍しいのではないだろうか。果たして両者の行く末は──。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。
「トラブル過去に黒い噂まで?錦織圭がぞっこんの観月あこは”非公認恋人”」のページです。デイリーニュースオンラインは、観月あこ錦織圭エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧