日野皓正の”往復ビンタ騒動”で芸能界に「体罰擁護派」が多い理由とは? (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「ニューヨーク・タイムズ Limited Edition」より
「ニューヨーク・タイムズ Limited Edition」より

 ジャズトランペット奏者の日野皓正(74)が、ジャズコンサートでドラム奏者の男子中学生に往復ビンタをした騒動について、芸能界ではさまざまな意見が出ているようだ。

 9月3日放送の『サンデージャポン』(TBS系)では、爆笑問題の太田光(52)が不快感を露わにした。出演していた女医でタレントの西川史子(46)が「師弟関係ってそういうもの」とコメントし、さらに元衆議院議員の杉村太蔵(38)が「僕の息子だったら逆に感謝する」と語ったところ、太田は「コミュニケーションするのにビンタしなきゃいけないんだったら、大した音楽家じゃない」「日野さんのやったことが気に入らなかったら、日野さんをビンタすればいいわけ?」と噛み付いた。愛のムチはあり得ないという太田は、終始不機嫌な様子を見せていたようだ。

 一方で『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志(53)は、「(中学生が)反省を本当にしたのであれば、指導として僕は正しかったんじゃないかなと思う」とコメントしている。また、世代的に体罰を受けていたという松本は「なぜ今の時代にありえないのか」を明確に誰も言ってくれないとした上で「体罰を受けて育った僕らは、別に今、変な大人になってないじゃないですか。屈折していたり。なんなら普通の若者よりも常識があるわけじゃないですか」「なんか体罰受けて育った僕たちは、失敗作と言われているような気がして、どうも納得がいかないんですよね」という自論も述べた。

 芸能界でも賛否が分かれている状況について、関係者は様々な事情があると語る。

「日野はジャズ界では重鎮であり、タモリ(72)などの大御所とも親交があるなど、昔から芸能界とも精通している人物。芸術家気質で気が荒い人物であるということも業界内で知られているようで、あまり火に油を注ぐのは避けたい。テレビ的にはあまり否定的なコメントを出す必要がないというところもあるのでしょう」(芸能関係者)

注目記事
「日野皓正の”往復ビンタ騒動”で芸能界に「体罰擁護派」が多い理由とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、日野皓正教育音楽エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧