「女芸人No.1決定戦」“女性限定”に賛否

日刊大衆

「女芸人No.1決定戦」“女性限定”に賛否

 日本テレビが、一番面白い女芸人を決定する大会『女芸人No.1決定戦 THE W』を開催。12月に決勝戦が放送されることが明らかになった。しかし、出場者を女芸人に限定することに、お笑いファンの間で賛否が分かれているようだ。

 この大会はプロ、アマ関係なく出場可能で、お笑いのジャンルは問わないというもの。賞金は1000万円と、『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)や『キングオブコント』(TBS系)などのお笑い大会と同額になっている。

 これまでお笑い系の大会といえば“ジャンル”で差別化されることが多く、女性限定のものはこれが初めて。しかし、お笑いファンの間では賛否があるようだ。最近大活躍している女芸人同士の戦いに期待を寄せる反応がある一方、女性だけの大会ということに批判的な人も多い。ネットには「身体能力の差とか関係ないのに、なんで男女分けるの?」「この企画はいろんなところから叩かれそう」「普通に全芸人参加可能にすれば良いのに」といった意見が上がっていた。

「最近は女性お笑いタレントの活躍が目覚ましいですし、企画としてみれば純粋に面白い大会にはなりそうですね。これからの注目は“誰が出場するか”になりますが、主催する日本テレビとしては渡辺直美(29)、友近(44)といった実力派には参加してほしいところでしょう。ブルゾンちえみ(27)の場合、“with B”が出られないでしょうから、そこでどんな芸を見せるのかも楽しみです」(お笑いライター)――女芸人の頂点に立つのは誰?

注目記事
「「女芸人No.1決定戦」“女性限定”に賛否」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧