田中みな実の”衝撃グラビア”が波紋?女性ファンが欲しさのチグハグ戦略

デイリーニュースオンライン

Photo by Khánh Hmoong(写真はイメージです)
Photo by Khánh Hmoong(写真はイメージです)

 フリーアナウンサーの田中みな実(30)が、9月13日発売の女性誌『an・an』(マガジンハウス)でセミヌードに挑戦。表紙では両肘で胸の先端を隠した“肘ブラ”を披露している。すでに業界内外で話題になっているが、一方で「本人の意識はあくまでも『女性向け』」(出版関係者)なのだとか。

「田中は表紙と同じ上半身裸の格好で、誌面前半でも“手ブラ”にチャレンジ。また、メインのグラビアページではセクシーなランジェリー姿や、部屋着を“半脱ぎ”しているような格好を公開するなど、アナウンサーとは思えない露出度の高さとなっています」

 田中はインタビューの中で、Eカップの大きな胸がコンプレックスだったと吐露。世間から“ぶりっこ”のイメージを持たれていることにも言及しているが、今では自分のカラダと向き合ってトレーニングやケアを行うようになり、コンプレックスを克服したため、今回のグラビアにも踏み切ったという。

「こうした覚悟が大胆な露出に繋がったのか、男性ファンの間では高い評価を得ているようです。その結果、さっそく複数の男性誌が田中にラブコールを送っています」(同・関係者)

 ところが、田中はこうしたオファーをすべて断っているとか。それはなぜか?そこには田中の思惑があるという。

■田中みな実「手触りのいいカラダ」の矛盾

「本人も“ぶりっこ”イメージを口にしていたように、同性ウケが悪いのは自覚しているので、今回の女性誌グラビアで女性ファンを増やしたかった模様。そのため、男性誌でのグラビア需要に応えるつもりは一切ないとみられます」(芸能記者)

 一方で、田中のそういう部分こそが“同性ウケしない”といえるといった意見も。

「田中ほどのルックスの女子アナが半裸のグラビアを披露すれば、男性誌が食い付くのは当たり前。それを『そんなつもりじゃないので……』とそっけなく断るのが、田中の“鼻につく”ところなのでしょう。また、田中は『手触りのいいカラダ』を意識していると話していた。本人は自分自身のためだとしていたものの、異性との関係も連想できるため、結局『男性向け』な発言になってしまっているんです」(芸能プロ関係者)

 開き直って男性誌に進出するのも一つの手かもしれないが、実現するかどうかは田中次第か。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。
注目記事
「田中みな実の”衝撃グラビア”が波紋?女性ファンが欲しさのチグハグ戦略」のページです。デイリーニュースオンラインは、田中みな実女子アナエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧