元SMAP”新しい地図”のあまりに用意周到すぎる独立劇に一部からは批判の声も (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

Photo by Photking(写真はイメージです)
Photo by Photking(写真はイメージです)

 ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの香取慎吾(40)、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)が、9月22日に共同の公式ファンサイト「新しい地図」を設立。さらに11月2日から3日間ぶっ通しのAbemaTVのネット生特番『稲垣・草なぎ・香取 3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』にそろって出演することが発表された。

 当初はしばらく新たな展開はないと思われていたが、想像を超える怒涛のスタートダッシュだ。この「華麗なる逆襲」に3人のファンが狂喜乱舞する一方、SMAPの元チーフマネジャー・I女史が仕掛けた用意周到な独立計画だったことが判明したために一部のジャニーズファンからは批判が噴出。賛否両論の状態となっているが、その問題の根本には業界内でウワサされる「ジャニーズ分裂」の危機があるという。

■ファンサイトにネット生特番…用意周到すぎる独立に批判の声も

 AbemaTVの告知によると、3人は同番組をきっかけに「インスタグラマー香取」「ブロガー稲垣」「YouTuber草なぎ」として活動すると予告されており、9月24日には各自のTwitter公式アカウントを開設。26日現在、いまだに何もつぶやいていないが、すでにフォロワー数がそれぞれ20万〜30万人以上を記録する人気ぶりとなっている。

 また、共同ファンサイト「新しい地図」は26日現在で会員番号が9万人台に達するなど入会申し込みが殺到。新天地のひとつとなるネットの世界で早くも大スターの圧倒的パワーを見せつけた格好だ。

 いきなりアクセル全開の3人にファンは大歓喜。だが一方、SMAP解散騒動で「裏切り者」と揶揄された木村拓哉(44)や嵐ら後輩グループのファンからは「用意周到すぎる」「騒動の黒幕はIさんだったのでは」といった批判も噴出している。

「SMAPの育ての親であるI女史がジャニーズから追放されたことが解散騒動の発端になったのは周知の事実ですが、3人が新たに所属する株式会社『CULEN』はI女史が代表を務めており、独立後すぐに『合流』したことになる。同社は昨年7月に設立されており、3人はI女史とともに1年以上前から着々と独立の準備を進めていたとも報道されています。独立直後に海外アジア向け仕様まで備えた共同ファンクラブが立ち上がり、ネット特番での共演まで決定。当初は同情的な声ばかりだった3人の独立劇ですが、ここまで用意周到となるとI女史がジャニーズ事務所に反旗を翻しただけにも見えるため、一部で批判が噴出しています」(芸能関係者)

 ネット展開や海外進出はジャニーズ事務所が後れを取っている分野。それに真っ先に飛び込んでいくのは、まさに「反ジャニーズ」の戦略として有効打となりそうだ。

「I女史がジャニーズ事務所時代に副社長のメリー喜多川氏(90)とたびたび衝突していたのが、所属タレントのネット進出をめぐる問題。I女史はネットをまったく信用せずに写真掲載すら許可しないメリー氏に『そのやり方は古い』と訴え、それも両者の確執の原因にもなった。3人は独立後すぐにネットメディアへの写真掲載を許可したがこの戦略はメリー氏への宣戦布告ともいえるでしょう」(同・関係者)

 さらに共同ファンサイト「新しい地図」の運営会社にも注目が集まっている。

「運営会社の『アルム』は医療関係を中心としたeコマースの大手ですが、過去にアーティストのファンクラブ事業やフジテレビのオンデマンド事業などを手掛けており、株主に日本テレビやTBS、大手広告代理店の博報堂が名を連ねるなど芸能界とのパイプは強い。3人の最初の新天地はネットになるようですが、同社経由で地上波の新番組や広告事業を展開することも可能でしょう。さらにI女史は“芸能界のドン”と呼ばれる大手芸能プロのT社長に協力を仰いでおり、ジャニーズの圧力に対抗できるだけの後ろ盾も用意しています」(週刊誌記者)

「元SMAP”新しい地図”のあまりに用意周到すぎる独立劇に一部からは批判の声も」のページです。デイリーニュースオンラインは、新しい地図香取慎吾草なぎ剛稲垣吾郎ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧