剛力彩芽の連ドラ出演が減少傾向?大コケ続きで女優生命の危機に (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「剛力STYLE You make me happy」より
「剛力STYLE You make me happy」より

 崖っぷちに立たされている? タレントで女優の剛力彩芽(25)が、2017年下半期からドラマ出演の機会が減少しつつある。“ゴリ押し女優”として名を馳せた剛力の女優ロードは、このまま終わりを告げてしまうのか。今年8月に25歳になった剛力。ヒット作に恵まれないまま、数多くのドラマや映画に出演して“ゴリ押し女優”と揶揄されてきた。

 ファンの間では「ゴリ押しが減った」と言われているが、2017年もこっそり多数のドラマに出演。1月期の深夜ドラマ『レンタルの恋』(TBS系)を皮切りに『女囚セブン』(テレビ朝日系)、松本清張没後25年特別企画の単発ドラマ『誤差』(テレビ東京系)、そして9月10日に放送された『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)の特別ドラマ『私たちの薩長同盟』に出演。またウェブドラマ『フェイス -サイバー犯罪特捜班-』にも主演として参加した。

■ゴリ押し健在も…地上波の連ドラ出演が減少傾向

 こうして振り返ると“ゴリ押し健在”という印象を受ける。ただ下半期は連ドラに出演する様子がなく、Webドラマや単発ドラマが増加傾向だ。単なる偶然なのだろうか。

「“下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”とも言えないほど、軒並み結果が出ない。特に『レンタルの恋』の大爆死は、TBSの『テッペン!水ドラ!!』枠の廃止(10月から、同深夜ドラマ枠は『クレイジージャーニー』を放送)に一役買ったと指摘されている。もはや“持ってない”女優と言わざるをえない。たしかにスタッフ受けはいいが、各局とも結果が出ない女優をいつまでも出す余裕はないのだろう」(報道関係者)

「剛力彩芽の連ドラ出演が減少傾向?大コケ続きで女優生命の危機に」のページです。デイリーニュースオンラインは、剛力彩芽エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧